【特集】ローフード × オーガニックケアで体の中からイキイキ美人へ

【特集】ローフード × オーガニックケアで体の中からイキイキ美人へ

オーガニックコスメメーカー『do organic』のPRを務め、ローフードマイスターの資格もお持ちの都田恵理子さん。オーガニックコスメとの出会いがもたらした生活への変化、そして注目のアイテムについて教えていただきます。
オーガニックライフスタイルvol20
【都田恵理子さんとは】
日本を代表するオーガニックコスメ『do organic』のPRを担当。 日本リビングビューティー協会・ローフードマイスターの資格を持ち、さまざまな美容・健康情報を発信している。

ローフードで内側から体調管理

ーー前編では、都田さんのオーガニックコスメの出会いから、PRを担当されている『do organic』のおすすめアイテムについてうかがいました。後編では、オーガニックコスメに触れるようになって、生活に生まれた変化について教えてください。
「まず大きく変わったのは食への意識ですね。オーガニックコスメに出会ったことで身体の中に摂りいれるものを見直したくなり、マクロビオティックをはじめ、さまざまな食事法について勉強しました。

気になるものをいくつも実践してみた結果、自分に一番合っていると感じたのがローフード。ジャンクフードも厭わなかった10年前の自分が一番驚くと思いますが(笑)、すっかりハマり、今ではローフードマイスターの資格をとるに至りました」(都田さん)

ーーローフードとは良質の食材を生の状態、または、酵素の破壊されない48度以下の調理で摂りいれる食事法のこと。食物酵素をたくさん摂ることで体内の消化酵素をあまり使わずに消化が済むため、その分代謝酵素が活発になると言いますが、都田さんご自身はどのような変化を感じられましたか?

「貧血をはじめ、女性特有のさまざまな不調が改善されましたね。朝食にはフルーツや野菜を摂るようにしていますが、午前中から頭がしっかり働くようになって、集中力もアップ。無理のない範囲で取り入れ、体調コントロールに役立てています」(都田さん)

ーーローフードに興味はあるものの、敷居の高さを感じている方も多いと思います。料理のバリエーションが思いつかず、飽きてしまいそうなイメージも。

「そんなお声をたくさんいただき、今では定期的にローフード教室を開催しています。今日は実際にローフードを体感してもらいたいと思い、私も普段よく食べているカシュークリームをご用意しました」(都田さん)
ーーフルーツの軽やかな甘み、さわやかな酸味にカシューナッツのコクがプラスされて美味しい!デザートのようでいてすごく満足感がありますね。

「夜遅くに帰宅して、少し何か食べたいというときにもおすすめですよ。生のカシューナッツにアガペシロップやメープルシロップで甘みをプラスして、ブレンダーでなめらかなクリーム状にすれば完成。とっても簡単なんです。冷凍保存も可能なので、忙しい女性の保存食にも最適です」(都田さん)

ローフードで体質改善!? すこやかな美しさの要は腸内環境にあり 

ーー想像していたよりもハードルが高くないレシピがまだまだありそう。朝食だけローフードにするとか、週末だけローフードにして胃腸を休めるとかも良さそうですね。

「食は学ぶほどに奥が深く、興味が尽きないですね。食を通して自分自身を見直すようにもなり、腸内細菌の集合体、腸内フローラの検査を受けました(都田さん)

ーー腸内フローラを調べて、どのようなことが分かるのでしょうか。

「近年の研究で大腸がんや鬱病など、現代人を悩ますさまざまな疾患が腸内細菌と深く関与していることが分かり、腸内フローラの状態を知ることが健康へ糸口になると注目されています。

私の場合は乳酸菌が全くないことがわかり、移植したんです。結果的に肌質が改善され、疲れにくい体質に。落ち込みやすかった性格まで変わったのを感じており、自分でも驚いています」(都田さん)

ローフード以外にも!肌に負担をかけないメイクでストレスフリーに

ーーオーガニックコスメをきっかけに食への意識が高まり、自分の心と身体のコンディションを整えるさまざまな術を身につけられたんですね。そのほかに変化はありましたか?
「内側のケアで肌と身体を整えるようになったように、外側からのケア、メイクに関しても肌に負担をかけないものを選ぶようになりました。

ベースメイクは『Ere Perez(エレペレス)』というオーストラリアのブランドのもを愛用しています。遺伝子組み換えをしていないトウモロコシからできているパウダーは、毛穴落ちすることなく、肌の赤みやテカりを抑えてくれる優秀なアイテム。

長時間つけていても、くすむことがありませんし、メイク直しにも便利。ライスパウダーでできたチークとともに使っていますが、ナチュラルな成分にこだわりながら、一般コスメにも劣らない仕上がりの良さを実現しているブランドだと思います」(都田さん)

ーー粒子が細かく、肌表面がなめらかに整いますね。配合成分も良質なものにこだわったシンプルブレンドなのでデリケートな肌の方にも良さそう。初めて聞くブランドなのですが、どこで購入できるのでしょうか?

「『ナチュラカート』というオーガニック専門のショッピングサイトで購入できます。コスメに限らず、目利きのバイヤーが見つけた選りすぐりのフードやワイン、サプリメントなどを扱っています。

アンバサダーとしてお手伝いさせていただいているのですが、日本未発売の魅力的なアイテム、ブランドと出会うきっかけとなり、すごく勉強になっています」(都田さん)

ーー『ナチュラカート』で購入できるもので、そのほかに特におすすめのアイテムはありますか?
「イギリスのブランド『オプティアット』のスクラブですね。イギリスでは年間50万トンものコーヒーの出し殻が廃棄されているそうなのですが、それをゴミにせず、高品質なスクラブへとよみがえらせているブランドなんです。

コーヒー豆には保湿・鎮静効果、抗酸化作用などがあるので、余分な角質を落としながらスキンケア効果も期待できるんです」(都田さん)

ーー目のつけどころがユニークなブランドですが、パッケージもポップで可愛いですね。ほのかに香るペッパーミントが、爽快感をもたらしてくれます。そのほかにパーツケア、特に唇などは肌同様にトラブルを抱えた方が多いかと思うのですが、おすすめはありますか?
「私も唇の乾燥や皮剥けに長年悩んでいたのですが、メイクアップアーティストの小松和子さんがプロデュースされる『バブー』のリップを使うようになって、トラブルがなくなりました。『ウォームピンク』というカラーを愛用しているのですが、つけたての発色が長時間持続します」(都田さん)
「同じく『バブー』のグロスも重ねて、ニュアンスを変化させたりして楽しんでいますよ」(都田さん)

ーー成分にこだわった『バブー』は、敏感肌の方の救世主。日本人の肌色に合う色味も嬉しいですね。
「国産ブランドならではですね。そしてもうひとつの国産ブランドが『ムーンピーチ』の『タマスアビオイル』。顔用のオイルですが、月桃に血行促進効果や消臭効果があると聞き、頭皮に直接なじませてマッサージに使ったり、毛先を中心に髪をまとめるのにも使っています。パサつきが抑えられ、まとまりやすくなります」(都田さん)

ーー国内外、さまざまなブランドをご紹介いただきましたが、いずれも安心安全な成分にこだわりながら洗練されたムード。お手入れが楽しみになるようなアイテムばかりです。都田さんが楽しみながら健やかな美しさを叶えている様子が伝わってきます。

「10年前の自分からは想像できませんが、オーガニックコスメに出会ったことが自分自身と向き合うきっかけとなり、さまざまな知識、術を身につけることができました。昔の私同様、不調や肌トラブルに悩んでいる方は一度試してもらいたいですね」(都田さん)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
【都田恵理子さんプロフィール】
国産オーガニックコスメ「do organic」にデビュー時よりPRとして携わる。日本リビングビューティー協会・ローフードマイスターを持ち、プライベートではローフードを実践。料理教室を開催するなどオーガニックやローフードを広める幅広い活動を行っている。

写真/よねくらりょう

関連記事