【離席3分で目がパッチリ!】トイレでできちゃう目力回復メソッド

【離席3分で目がパッチリ!】トイレでできちゃう目力回復メソッド

パソコンに向かっていると、いつの間にか目がどよ〜ん。朝メイク仕立ての半分くらいしか目があいてないなんてことも!そこで、パッチリ&キラキラの目元を取り戻すテクニックをご紹介します。3分以内で、トイレのついでにこっそりできちゃう、確実な目力アップメソッド、ぜひ試してみて。

即効性はダントツ!
目薬は目的別に揃えて

目力アップを叶えるには、瞳そのものの輝きが大事ですよね。オフィスで仕事の合間に鏡を見たら、充血して目がしょぼしょぼ……。こんな時は目薬の出番です。目のピントを調整する効果があるビタミンB2を含んだものや、視覚機能をサポートするビタミンAが配合されている目薬が疲れ目に効きます。ドライアイの人は涙と同じ成分を含む人工涙液タイプのもので目を優しくうるおしましょう。今日は仕事の後にデートが♡という人は、白目を白くするタイプの目薬をポーチに入れておけば、疲れを感じさせないキレイな瞳に。澄んだ白目は、黒目を際立たせる効果もあるのでメイク以上の目力アップが期待できます。どのタイプの目薬も、さした後に目をパチパチさせるのは効果半減。点眼後はしばらく目を閉じて、軽く目頭を押さえて待ちましょう。

盛らなくても目力UPできる!
目尻のアイライン

抜け感重視と言われるようになって久しいアイメイクですが、ナチュラルに見せながらも、押さえるところは押さえておきたいもの。目に力を与えるのはやはりアイライン。「何となく目力が弱いな」と感じるときは、目尻に注目してみてください。目尻の粘膜部分のうち、上まぶたの三角形になっている部分があります。この三角地帯をアイラインで塗りつぶせば、全体のアイラインは極細でも目幅がアップし、目力と抜け感が両立した目元に。濃さを感じさせないのに力のある目になれるので、ぜひひと手間かけてみて。

顔に触らないからいつでも出来る♡
耳ツボでキラキラに

目力アップにツボが効く!とはよく言われますが、ダイレクトに顔や目の周りを触るツボ押しは、メイク崩れが気になるし、出先では難しいことも。例えば、仕事やデート中に、離席することなくすぐ出来て効果が高いのが「耳のツボ押し」なんです!その名も「眼」という名前のツボが耳たぶにあります。耳たぶの中央よりやや下にあるツボで、つまむとじんわり痛く感じるポイントです。ここを親指と人差し指で挟んでしばらく待ち、手を離すだけでOK。このほかにも耳にはツボが集中していますが、耳を指でつまんでグルグル回したり、くしゃっと折り畳むように揉むなど、アバウトな刺激でも、顔の血行が良くなってくるのを実感できます。巡りがよくなると、目元パッチリ、視界もクリアに!

顔じゃなくてもいいってホント?
ボディを温めて目力アップ

目周りを温めるのは目力アップの近道です。血行が良くなり疲れが取れるほか、まつ毛の生え際にある「マイボーム腺」という皮脂腺の動きが活発になるので、涙が蒸発しにくくなり、ドライアイの改善が期待できます。夜、ホットアイマスクで癒しの時間を持ってみたり、朝のメイク前には蒸しタオルでのケアもオススメです。ただし、メイクしている間は温めケアも難しいですよね。オフィスにいる間は体の温めケアでうるみ目を目指しましょう。目力と冷えは一見関係ないように思えますが、冷えた体では目もどんより、うるんだキラキラ感も出ません。座りっぱなしの状態だったり、スカート・パンプス着用がマストなど、意外に冷えやすいのがオフィスです。特に、服を着ているのにお腹やお尻を触ると冷たい人は、お尻の上やお腹、肩甲骨の間など大きな血管のあるところにカイロを貼ってみましょう。全身の血の巡りが良くなり、目もキラキラに。


目元のどんより感は思ったよりもお疲れ印象に。眼精疲労は放っておくと肩こりや頭痛にもつながります。紹介したメソッドはどれも3分以内!トイレに行くたび、試してみては?

関連キーワード

関連記事