たるみや老け顔の原因に! 急増中の「スマホ顔」の原因や対策法は?

たるみや老け顔の原因に! 急増中の「スマホ顔」の原因や対策法は?

私たちの生活に欠かせない存在となった「スマホ」。とても便利なものですが、スマホを見る時間が長いという方は要注意! スマホの使い方によっては、顔のたるみや老け顔の原因になります。「スマホ顔」になってしまう原因と対策法についてご紹介します。

たるみや老け顔を引き起こす!「スマホ顔」の原因とは?

非常に便利で、生活必需品となった「スマートフォン」。
時間があればついつい触ってしまい、一日に何時間も使用している、という方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、スマホの使いすぎや使い方によっては、「スマホ顔」の原因に! スマホ顔とは、一言で言うと「顔のたるみ」のことです。スマホの使いすぎや、使い方によっては、顔のたるみや老け顔の原因になってしまうと言われているのです。

「スマホ顔」になってしまう理由には、以下のようなものがあります。
■無意識に「猫背」になるなど、姿勢が悪くなる
■スマホの使用中、顔が下を向いてしまい、強い重力が掛かり、顔の皮膚が引っ張られて下がる
■背中が丸まることで内蔵が圧迫され、血流やリンパの流れが悪くなる
■スマホ使用中は無表情になる為、顔の筋肉が衰える
■スマホ画面を凝視することにより、瞬きの回数が減少し、目の周りの筋肉が減少する
など

日頃から気を付けよう!「スマホ顔」の対策法

たるみや老け顔になるのが怖いからと言って、スマホを使わない生活はなかなか難しいですよね。「スマホ顔」を少しでも予防する為の対策法をチェックしてみましょう!

◎とにかく「下を向かない」ように気を付ける
スマホを目線の高さまで上げ、目線が下がったり、顔が下を向いてしまうのを防ぎましょう!下を向かないようにすることで、顔のたるみの予防になるでしょう。

◎姿勢を正す
スマホを使う時は、猫背になったり姿勢が悪くなってしまいがちです。姿勢が悪くなると、内臓が圧迫され、血流やリンパの流れが悪くなる為、くすみやむくみの原因になるので気を付けましょう。

◎使わない時間を作る
スマホをなるべく使わない時間を作るなどし、少しずつスマホから離れる時間を増やしてみましょう。また、連続して長時間使わないようにし、休憩を挟む事を心掛けてください。

◎顔を意識して動かす
スマホを使っている最中は、無表情になったり、口角が下がってしまいがちです。意識的に口角を上げてみてください。また、無表情でいると、表情筋が衰え、たるみにも繋がってしまうので、時々顔を動かすよう心掛けてみてください。

◎寝る前は使用を控える
寝る直前まで電子機器のディスプレイを見ることで、メラトニンがしっかり分泌されず、睡眠の質が下がるそう。ホルモンバランスの乱れや、肌の新陳代謝にも影響がある為、睡眠前のスマホは控えましょう。

顔のたるみや老け顔の原因になる「スマホ顔」。顔の老化を早めない為にも、日頃からスマホの使い方に注意しましょう!

関連記事