【動画】プチ不調は「下半身を鍛える」ことでラクになる

【動画】プチ不調は「下半身を鍛える」ことでラクになる

コンディショニングトレーナー坂本真理さんによる、ミモレ世代が「心地よさ」を取り戻すための5つのレッスン。今回は日常のなかで「下半身を鍛える」エクササイズです。
こんな人におすすめ!

☑ハードでストイックな運動経験があまりない

☑生理不順で悩んでいる

☑のぼせやホットフラッシュがある

「更年期の女性にとって下半身の筋肉はとても大事。下半身の血流がよくなるので、のぼせやホットフラッシュを予防できます。
まだ先のことですが、60代に入ると下半身の筋力不足が原因で膝を傷める方がとても多く、今から気をつけておくにこしたことはありません。

今回ご紹介する、日常生活の中でできる下半身の筋力アップエクササイズなら、ハードなスポーツが苦手な方にもぴったり」と坂本さん。
のぼせ・消化不良・腰痛……不調を軽減
日常でできる「下半身筋トレ」
坂本さんがご紹介する、日常の中でできる下半身アップエクササイズは2つ!
1つ目はハミガキ中におすすめのルルベ(背伸びをしてつま先立ち)
2つ目は床に落ちた物を拾うときのプチ・スクワット

「意識さえできれば、日常生活の“ついで”エクササイズはかなり効果的。ルルベを習慣にすれば、下半身の重心に対して意識的になり、歩き方も変わって下半身全部の筋肉を使えるようになります。真面目にやると足裏が筋肉痛になるはず(笑)」

ハミガキをしながらやってみましょう!

重心がハマるところがしっかりしてきたら、左右の足のかかとを同時にアップ。ハミガキをしながら、両足のかかとの上げ下ろしを続けてみましょう。
足を腰幅に開き、軽く右のかかとをアップ。右のかかとを下ろし、左のかかとをアップ。左右交互に、足の甲を向こうに見せるようにかかとアップを繰り返しながら、指の付け根に少しずつ体重を乗せていきます。

物をひろうときもプチスクワットを

物を拾うときは、対象物の真横まで近づき、足をそろえて立ちます。後ろに椅子があるようなイメージでしゃがんで物を拾いましょう。前かがみになって手を伸ばして拾おうとすると、腰やひざを傷めることに。
コンディショニングトレーナー
坂本真理さん
「カラダ大学」代表。NCA認定コンディショニングトレーナー、A-YOGA認定インストラクター。約15年間、ライターとして健康分野の記事を執筆するかたわら、運動指導をスタート。健康や美容に留まらない身体の智慧を引き出し、「身体と感情と思考」を一緒に整えていく「PQ学(身体的知性)」を提唱している。現在は、カラダ大学にてワークショップや講座、パーソナルセッションを行う。
協力:Kyoto MBM Labo
撮影・動画編集/松尾健太(豊国印刷) 取材・文/藤本容子 構成/川端里恵(編集部)

関連記事