「痩せた?」って言われるかも!?バレずに小顔が叶う、あご裏シェーディング

「痩せた?」って言われるかも!?バレずに小顔が叶う、あご裏シェーディング

小顔に見せたい時のメイク法といえば、顔の輪郭に沿ってシェーディングなどを入れるのが効果的ですよね。でも、ナチュラルに仕上げるのが難しく、ちょっとハードルが高い...。そこで、テクニック不要! わざとらしさなし! 輪郭がシャープに見える! 3拍子揃った超簡単小顔メイクを紹介します。

あご裏~首の影がポイント

顔の輪郭をシャープに見せるためには、実はあご裏~首に影色をつけるのが効果的。フェイスラインのもたつき感や輪郭の曖昧さが、影をつけることでスッキリし、小顔に見せることができるんです。さらに、顔には影をつけないので、わざとらしくなる心配もゼロですよ。

輪郭すっきりメイクHOWTO

シェーディングパウダーを大きめのブラシに取り、あご裏全体になじませます。その後、両あごの関節と喉仏を結んだ逆三角ゾーンにも、シェーディングをなじませましょう。シェーディングがない場合は、濃いブラウンのアイシャドウ(パールやラメが入っていないもの)でも代用できますよ。

(左:Before/右:After)

メイク前はもたついた輪郭でしたが、メイク後はあご先がキュッとシャープに見えて、すっきり小顔に♪ とっても簡単に小顔見せできるこのメイクテク、ぜひ実践してくださいね!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事