しっかり保湿しているのに肌乾燥が…それならインナーケアを!

しっかり保湿しているのに肌乾燥が…それならインナーケアを!

これからの季節、空気乾燥などにより肌の潤いが奪われてしまいがち。保湿クリームを塗っていてもなかなか肌の乾燥が改善されにくいという方は、外側からのケアだけでなく、身体の中からケアしてあげるといいかもしれません。

保湿ケアをしても肌の乾燥が気になる理由

冬は特に湿度が下がって空気が乾燥する季節。寒さ対策に暖房をつけていると室内も乾燥して、みるみる肌の水分や皮脂が奪われてしまいます。空気が乾燥した状態で肌がむき出しになっていると、肌表面に必要な潤いや水分、皮脂が奪われてしまい、肌のバリア機能が低下していくと言われています。しっかり保湿ケアをしているつもりでも、肌の潤いが逃げてしまい、かゆみや肌荒れを伴う乾燥した肌になってしまうのです。

乾燥肌を放置しておくと、かゆみが出てきて耐えられず、掻くことで炎症してしまう場合があるので、肌の外側からのケアだけでなく、肌の内側からインナーケアをしてあげましょう。

乾燥した肌におすすめのインナーケアとは?

肌荒れやニキビなどを防ぐには、肌にいい食べ物を摂るといいとよく耳にしますが、ボディケアとしても肌にいい食材を摂ることが大切です。

まずは良質なタンパク質。タンパク質をしっかり摂ることで、肌のターンオーバーが正常になり、潤いのある肌に近づけると言われています。タンパク質は、卵や大豆、肉や魚、乳製品などに多く含まれているので不足しないようにきっちり補いましょう。

そしてビタミンも肌に欠かせません。ビタミンAは、緑黄色野菜や卵黄などに含まれており、皮脂腺や汗腺の働きを高めることで肌に潤いを与えてくれます。ビタミンB群は、肌のターンオーバーを促進したり、皮脂の分泌に必要不可欠な成分です。ビタミンEは抗酸化作用や保湿効果、角質の硬化を予防してくれる効果に期待できるため、アーモンドやいくら、いわしやアボカドなどのビタミンEが含まれている食材を食べるように心がけましょう。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促したり、活性酸素を取り除いてくれる美肌に欠かせない成分です。フルーツや緑黄色野菜にたっぷり含まれていますが、熱に弱いため生のまま食べるといいですね。ビタミンEと一緒に摂ると相乗効果を発揮してくれるので、組み合わせて食べることをおすすめします。

さらに青魚やエゴマ油、亜麻仁油などに含まれるオメガ3系脂肪酸は、細胞の再生や回復をサポートしてくれると言われています。調理するときには、サラダ油ではなく、エゴマ油や亜麻仁油などを使うといいかもしれませんね。

インナーケアを重視した乾燥対策をしてみよう

ボディクリームやボディローションなどで保湿をしてあげることも大切ですが、インナーケアとして肌にいい食べ物を心がけて摂ることで、肌がどんどん潤いに満たされていくはずです。
また、冬はあまり水分補給をしたくならない季節ですが、1.5〜2リットルほどの常温のミネラルウォーターを飲んで、しっかり水分補給することも潤いのある肌になれる近道ですよ!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事