朝の1分でOK!「かかと歩き」の効果で食べても太りにくい身体を作る

朝の1分でOK!「かかと歩き」の効果で食べても太りにくい身体を作る

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。
食欲の秋を迎え、体重増加に悩む人が増えるこのシーズン。そこで今回は、たくさん食べても太りにくい身体を作る、とっても簡単なエクササイズを紹介します。

代謝アップには「使われる筋肉」を増やすことが大事

なるべく運動はしたくない、でも太りたくない。そんな人は、代謝がいい身体を作ることが重要。では、代謝をよくするにはどうしたらいいかというと、日常生活で使う筋肉を増やすことです。一般的に人は、100持っている筋肉のうち使っているのは2割ほど。つまり、残りの8割を使っていくことで、代謝の高い体質に変えていくことが可能なんです。なかでも使われにくいのが、太もも裏、脚のつけ根、肩甲骨付近の内側の筋肉。この3つの筋肉が使われやすくなるエクササイズにさっそく、チャレンジしましょう!

代謝を高める、かかと歩きエクササイズ

朝の身支度時などに、1分間「かかと歩き」をします。膝を曲げないように注意しながら行いましょう。

1日のスタート時にやるのが効果的! 1日、代謝のいい状態を保てます。

かかと歩きをすることで、身体の後ろ面の姿勢筋が自然と働くようになり、使われていなかった筋肉に働きかけることができるんです。たった1分でOKなので、朝歯磨きをしながら、TVを観ながらなど、気軽に行ってみてください!

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事