髪のボリュームをなんとかしたい方のためのヘアケア方法とは?

髪のボリュームをなんとかしたい方のためのヘアケア方法とは?

髪のボリュームが多いとドライヤーで乾かすのも大変ですし、ヘアアイロンをかけてもボワっと広がってしまいがちですよね。かといって美容室で何度も梳いてもらうと費用がかかってしまいます。そこで髪のボリュームを抑えるヘアケアをご紹介!

髪のボリュームを抑えることはできるの?

髪の量が多いと、なかなかまとまらずにアイロンでストレートヘアにしても広がってしまうことも。髪の量を減らすために美容室で梳いたりカットするのもいいけれど、毎月のこととなるとお金がかかってしまいますよね。
ですが、髪のボリュームはどうにもならない、と諦めるのはまだ早いです! 正しいヘアケアをコツコツ続けていくことで、ボリュームを抑えることができますよ。

髪のボリュームを改善するためのヘアケア方法

ボリュームがある髪の毛の場合、シャンプーやトリートメントはまとまるタイプのものや、保湿力が高いツヤ髪になれるタイプ、硬い髪用のものがおすすめです。髪の毛の膨らみは、髪の内部が乾燥して空気中の湿気を吸収することでボリュームアップしてしまうと言われているため、潤いや栄養成分をトリートメントなどで補ってあげましょう。

リンスやコンディショナーは、髪の表面にあるキューティクルを保護して髪のパサつきを抑えてくれるものなので、髪の内部からしっかり補修するにはトリートメントを使うといいでしょう。トリートメントを使って髪の毛の内部に美容成分を浸透させてあげるには、シャンプーをしてから軽く水気を切り、毛先中心にたっぷりトリートメントを塗り込みます。蒸しタオルをかぶせてその上からシャワーキャップを装着することで、トリートメントの浸透力がアップしますよ。トリートメントを週に2〜3回使って、ボリュームのある髪の毛を集中ケアしてあげましょう。

そして髪の毛を乾かす時、自然乾燥をするのは禁物です。ドライヤーの熱で髪が傷んでしまうイメージがあるからと自然乾燥をするとキューティクルが傷んでしまい、余計に髪の毛が広がってしまうでしょう。

乾かす時はドライヤーを使いましょう。乾かし方は、ドライヤーを頭頂部からゆっくり下に向かって乾かし、根元もしっかり乾かします。根元が乾いてきたら、ブローブラシを使ってとかしながら乾かし、最後に冷風を当てて髪の毛を落ち着かせれば完了です。

仕上げに洗い流さないトリートメントやオイルをつけ、手のひらでしっかり馴染ませてから木でできた櫛でとかすとツヤツヤの髪の毛になるはずですよ。

毎日のヘアケアで髪の毛のボリュームを抑えよう

髪の毛のボリュームを抑えるには、ちょっとした工夫をしたヘアケアが重要です。トリートメントや乾かし方、仕上げのスタイリング方法を変えるだけでしっとりまとまる髪の毛に近づけます。髪の毛のボリュームに悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

関連記事