【ストレス診断】性格とストレス傾向を診断!食事を変えてストレス軽減

【ストレス診断】性格とストレス傾向を診断!食事を変えてストレス軽減

仕事に、プライベートに、忙しい毎日を送る女性にとって、ストレスは切っても切り離せないもの。まずは自分の性格とストレス傾向を診断してみましょう!タイプ別で今すぐできるストレス解消法も紹介します。
タイプ別診断 ストレス編 - 性格別ストレス診断 - 食事を変えてストレス軽減

食事を変えてストレス軽減

ストレスのタイプごとに不足しがちな食品も変わってきます。自分に必要なものを食べて、内側からストレスを軽減して。
まずは自分のストレスタイプをチェック!

診断結果:タイプA「気配りタイプは、脳の働きを活発にするたんぱく質を摂って」

まぐろの赤身、納豆、卵でたんぱく質を摂取しよう!
診断結果:タイプA
他人のことをあれこれ考えすぎる傾向にあるあなたは、脳がお疲れ状態。脳内で生成される物質の原料となり、脳の働きを活性化させるたんぱく質をたくさん摂るようにしましょう。たんぱく質は、まぐろの赤身、かつお、鶏ささみ、赤身肉、納豆、卵などに多く含まれます。

診断結果:タイプB「全力投球タイプは、エネルギーを使いすぎ!ビタミンB1の補給が急務」

豚もも肉やレバー、うなぎがビタミンB1の宝庫
診断結果:タイプB
とにかく毎日全力投球なあなたはエネルギーをたくさん消費します。糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を摂って、疲労回復&エネルギー補給をするように心がけましょう。ビタミンB1が多い食材は豚もも肉、うなぎ、豚レバーなど。

診断結果:タイプC「すぐにイライラする完璧主義タイプは、カルシウム多めが◎」

乳製品や小魚、モロヘイヤがカルシウムたっぷり
診断結果:タイプC
完璧主義のあなたは、自分のミスだけでなく他人のミスにもイライラしがち。脳内神経を正常に保ち、緊張や興奮をゆるめ、精神を安定させる働きのあるカルシウムを積極的に摂るようにしましょう。カルシウムは乳製品、小魚、しらす、モロヘイヤなどに含まれます。

PROFILE

SUPERVISOR

監修:姫野友美

医学博士。院長を務める「ひめのともみクリニック」では心療内科医として治療にあたる。テレビ東京系「主治医がみつかる診療所」などでコメンテーターとしても活躍中。

協力一覧+ イラスト/スギザキメグミ 構成/幸山梨奈

関連記事