目の下のくま、ナニ色?3種類の原因とセルフ改善法から最新治療まで

目の下のくま、ナニ色?3種類の原因とセルフ改善法から最新治療まで

目の下のくまは、血行不良の青くま・色素沈着の茶くま・たるみの黒くまとタイプによって原因も様々。ガンコなくまはレーザーなどを用いて医療機関で治療も。それぞれの解消法やメイク、ツボ押しやマッサージを知ってくまの目立つどんより顔にさよならしよう!

目の下くまの種類別:原因と解消法

「目の下のくま」は、人に疲れた印象を与え顔をぐっと老けて見せます。なんとか解消したいものですが、実はくまには「青くま」「茶くま」「黒くま」の3種類があります。それぞれ原因や症状が違うので、解消法も異なります。

簡単な見分け方としては、目の下を軽く下に引っ張ってみましょう。

もし少し色が薄くなるようなら、それは血行不良による青くまです。変化がないようなら、手鏡を持ち真上を向きます。色が薄くなれば、皮膚のたるみによる黒くま。どちらにも変化が見られないようなら色素沈着による茶くまと言えます。

それではそれぞれの具体的な特徴と原因、そして解消法までを探っていきましょう。

1、青くまの原因と解消法

青くまは青黒い色または紫がかった色をしており、寝不足の日や体調が悪いなどは色が濃くなるなど「色の濃さ」に変化があります。色白の人は特に目立ちやすく不健康な印象に。


《原因》血行不良

血行不良が主な原因です。目の下の皮膚はもともと薄いため、血行が悪くなって酸素不足で黒ずんだ血液が通る毛細血管が透けやすくなります。

血行が悪くなる要因としては、

・疲労
・寝不足
・冷え
・ストレス
・長時間のパソコンなど目の酷使
・乾燥
・喫煙
…などが挙げられます。

特に一点を見つめることによって目の周りの血行が悪くなりやすいので、じっとスマートフォンやパソコン画面を見つめることが多い人は要注意。冷えや乾燥が原因でもあるため、冬場は青くまが現れやすくなります。

《解消法》生活を見直して血液循環改善

まず、血行を良くすることが大切。冷えをなくして、目の疲れを軽減させるよう時々目を休ませることに注意しましょう。そしてなるべく規則正しい生活を送り、7時間程度の良質な睡眠を心がけます。適度に体を動かすとストレス解消にもなり、血行も良くなります。

目の周りを蒸しタオルで温める事も効果的。目の周りだけでなく体全体の血行を良くする事で冷えを解消できますから、体を冷やす服装を避け、ゆっくり入浴したり身体を温める食事を摂るといいでしょう。

乾燥を緩和するために、目元の保湿を徹底。目元用パックもオススメです。ビタミンKには血行促進効果があるので、アイクリームとして取り入れるといいですね。

2、茶くまの原因と解消法

茶くまは目元が茶色く、くすんでいたり黄色味がかっていたり。目の下を引っ張っても上を向いてもくまが薄くならないのは、皮膚自体に色がついているためです。体調などによって一時的に色が薄くなったり濃くなったりすることもなく、常に老けた印象になってしまいます。


《原因》色素沈着

茶くまは、皮膚自体に色がついている色素沈着が原因。洗顔やお肌のお手入れ時の摩擦やメイクの刺激、落ちきれていないアイメイク、紫外線ダメージ、目をこする癖などが皮膚にダメージを与え、メラニン色素が大量に生成され溜まってしまいます。目の下の皮膚は非常に薄くてデリケートなため乾燥しやすい事も、色素沈着を招くことに。日々の何気ない積み重ねが茶くまを作ります。


《解消法》こすらずメラニンケア

とにかく目元へのダメージを軽減しましょう。アイメイクを落とすときにゴシゴシこすっていたり落としきれていなかったり、アレルギーがあって目をこする癖があったり。こういった習慣を見直すことが大切です。

乾燥や紫外線もメラニン生成につながるので、保湿やUVケアを欠かさずに行いましょう。目元集中ケアを取り入れるのも効果的です。ビタミン C誘導体配合の美白化粧品もメラニンの生成を抑える効果が期待できますが、成分が強すぎるものはかえって肌に刺激となり負担をかける事もあるので肌の様子を見ながら使いましょう。

3、黒くまの原因と解消法

黒くまは、皮膚の下の色でも皮膚自体の色でもありません。これは目の下の「たるみ」などによる影。そのため光の当たり具合でくまの濃さも変化しますが、ほかのくまと違って影ですからファンデーションやコンシーラーではうまく隠せず、疲れた顔に見せてしまいます。


《原因》むくみやたるみ

加齢によって目の下の皮膚は薄くなり、たるんできます。乾燥や美肌成分の低下によってハリが失われ、重力に負け下がってきた皮膚は目の下に影を作り、さらに酷いむくみはたるみを強調してしまいます。また老廃物がたまる事で夕方から夜にかけてたるみがひどくなる事も。


《解消法》

目元の皮膚にハリを与えてふっくらさせることが重要です。乾燥やエイジングケアにフォーカスしたスキンケアアイテムを使ったり目元美容液やアイクリームをプラスして、目元のたるみを軽減させることで、黒くまを薄くすることができます。

特に取り入れたい成分はヒアルロン酸とコラーゲン。年齢とともに減っていくこれらの成分はお肌のハリと弾力を保つために非常に大切。また、表情筋を鍛えることで顔がすっきり引き締まり、目元のたるみも軽減します。

セルフケア以外にも、医療機関でヒアルロン酸を注入して皮膚のくぼみを治す方法などがあります。

くまに効くツボ

くまに効果的なツボを押してみましょう。ですが皮膚が非常に薄い部分なので、中指で優しくそっと5秒ほど刺激してください。グイグイ力を入れると色素沈着しやすくなります。


◆瞳子膠(どうしりょう)
目尻から親指幅半分ほど外側にあるツボ。眼精疲労による青くまやしわやたるみよる黒くまに効果が期待できます。

◆球後(きゅうご)
まっすぐ前を見たとき、黒眼の真下から指一本分ほど外側にあるツボ。たるみやむくみによる黒くまに。

◆四白(しはく)
黒目の真下から親指幅半分ほど下にあるツボ。目の疲れによる青くま、たるみによる黒くまにオススメ。

くまに効くマッサージ

血行不良の青くまには血行を良くするマッサージが効果的です。クリームなどで指の滑りを良くして行いましょう。

1 両手の人差し指・中指・薬指を合わせておでこの真ん中に当てます。
2 気持ちいいと感じる強さで両こめかみまで動かします。
3 目の周りの骨に沿って目尻から目頭、目頭から目尻へと中指の腹を当て動かします。
4 中指と薬指を目の下に当て、目頭→目尻→こめかみへ動かします。

1〜4を3回ほど繰り返します。

ツボ押し同様に、こすりすぎや強く押しすぎると色素沈着による茶くまの原因になりますから慎重に行い、あなたのくまが茶くまならマッサージは避けておいた方がいいでしょう。

メイクでの上手なくまの消し方

マッサージやツボ押し・生活改善などでくまは解消できると言っても、一朝一夕にはいきません。「どうしても今日はくまを消したい!」そんな時のために覚えて起きたいメイクテクニックをご紹介します。

POINT1、コンシーラー

一般的なものが、コンシーラーを使ったくま隠し。摩擦による刺激を減らすために、リキッドや筆タイプのコンシーラーが使い心地が柔らかいのでオススメです。色は肌と同じくらいか少し暗めの色を選ぶといいでしょう。

色味は、くまのタイプ別に
・青くま…オレンジ系
・茶くま…イエロー系
・黒くま…パール系・ベージュオークル系

を用意します。

リキッドファンデーションを使う場合はファンデーションの後に、パウダリーファンデーションの場合はファンデーションの前にコンシーラーをオン。くまからはみ出さないようにコンシーラーを乗せたら、指の腹で軽く叩いてなじませます。

影である黒くまの場合、目の下の膨らんでいる部分つまりくまの上の部分にはコンシーラーをつけないようにしましょう。全体に塗ると余計にくまが目立ってしまいます。

POINT2、赤リップ

マット感のある赤リップを使う方法もあります。

ポンポンとのせるようにくま部分に赤リップを重ね、ぼかします。コンシーラーを重ねてもいいでしょう。色味は茶系赤やオレンジ系赤がオススメですが、色白の人はピンク系が合うことも。手持ちのリップで自分にぴったりの色を探してみてください。

ちょっとビックリな方法ですが、「コンシーラーだけでは白浮きしてしまう」「
目立ってしまう」という人は一度試してみては?

ひどいくま…そもそも何かの病気の可能性はないの?

「ちょっと私のくまひどいかも…」もしかしたら、何か病気のサインかもしれません。症状の一つとしてくまが現れる病気には、このようなものがあります。

■バセドウ病
眼球が突出するため、眼球下の眼窩脂肪(がんかしぼう)もせり出したるんだ状態になり黒くまができる。

■鉄欠乏性貧血
鉄分が不足し貧血になることで血行が悪くなり、青くまに。

■皮膚炎
アレルゲンが目の周りの薄い皮膚に付着して、炎症起こしたことによる色素沈着が茶くまを作る。

■肝臓・腎臓疾患
血液をきれいにする機能が低下し血流が悪くなって青くまに。

■うつ病
自律神経の異常から、血行不良が起き青くまになる。


気になった場合は早めに医師の診断を受けましょう。

病院でのくま治療法とは?

このような疾患ではないにしろ、セルフケアでは手に負えないくまは病院で治療することもできます。主に美容外科・美容皮膚科で施術が受けられますが、病気ではないため保険適用外です。

代表的な治療法は

■有効成分を注入
・PRP…自分の血小板を利用し、どのくまにも効果がある
・ヒアルロン酸注入…「黒くま」のたるみを改善
・脂肪融解注射…目の下の脂肪のふくらみにアプローチし「黒くま」を改善
・高濃度ビタミンC点滴…メラニンを抑制し美白作用で「茶くま」を改善

■光を照射
・サーマクール…ラジオ波を照射し脂肪繊維に働きかけ「黒くま」を改善
・テノール…高周波ラジオ波を照射することで血行を促進し、「青くま」や「黒くま」を改善
・ジェネシス…コラーゲンの生成が活発化し「青くま」を改善

■ピーリング
・ケミカルピーリング…古い角質を取り除くことで溜まったメラニンも排出でき、「茶くま」を改善

■外用薬を使用
・ハイドロキノンクリーム…メラニン色素を生成する細胞を減少させ、すでに沈着したメラニン色素にも効果を発揮し「茶くま」を改善
・トレチノイン…肌のターンオーバーを早め「茶くま」を改善

目の下のくまを解消して印象アップ!

目の下のくまがあるかないかでお顔の印象は随分と違ってきます。どんより疲れた老け顔の原因はそのくまではありませんか?

自分のくまタイプを知って、それに合わせた改善策を取っていきましょう。ここぞという日に使えるメイク術も、覚えておいてソンはありません。くまのない若々しいお顔を取り戻しましょう!

関連記事