歯が黄色くなる⁉︎ 普段食べているもので歯を黄ばませる食品

歯が黄色くなる⁉︎ 普段食べているもので歯を黄ばませる食品

昔から象牙色の歯がコンプレックスでした。今はオフィスホワイトニングも手軽な値段で出来るので、歯を白くすることも簡単にできるようになりましたよね。なるべく歯を白く保つためにも、歯を黄色くしやすい物を食べた後は、すぐに歯を磨きたいものです。

歯が黄ばみやすい食品って?

最近は格安でオフィスホワイトニングができるクリニックなどもあり、歯を白くしやすくなりましたよね。ホワイトニングした歯は、できるだけ長く白いまま維持するためにも、黄ばみの原因になる食品は知っておきたいもの。元々歯が白かったのに最近黄ばんできた…という方も普段食べている食品が影響しているかもしれません。

【歯が黄ばみやすい食品】
1. 色が濃い料理
・カレーライス
・キムチ
・ケチャップを使っているもの
・ソースを使っているもの

色が濃い料理はステイン(着色汚れ)が歯につきやすいです。カレーライスを食べた後、歯を磨くと歯ブラシが黄色くなったことはありませんか? カレーのステインは歯を黄ばませやすいと有名ですね。

2. ポリフェノールが含まれている食品
・チョコレート
・ブルーベリー
・醤油を使った食べ物
・納豆、豆腐、大豆製品
・柿
・バナナ
・ぶどう
・りんご
・ゴボウ
・じゃがいも
・さつまいも
・なす
・かぼちゃ
・りんご
・コーヒー
・紅茶
・緑茶
・烏龍茶
・プーアル茶
・マテ茶
・赤ワイン
・ビール

ポリフェノールはアンチエイジング効果をもつ抗酸化作用もありますが、歯を黄ばませやすい食べ物でもあります。イソフラボンはポリフェノールの一種なので醤油や納豆、豆腐、大豆製品なども歯を黄ばませる要因になります。またコーヒーに含まれるクロロゲン酸や紅茶や緑茶に含まれるタンニンもポリフェノールの一種です。

3. 硫黄成分が含まれている食品
・玉ねぎ
・ネギ
・にんにく
・ニラ

食後には歯を黄ばませないために口をゆすぎましょう

歯を黄ばませる原因物質をもつ食品を書きだしましたが、ほとんど毎日口にするものですよね。歯を黄ばませる要因があってもアンチエイジングの抗酸化作用をもつポリフェノールなどは積極的に摂取していきたいので、食後は口をゆすいでステインが付着するのを防ぎましょう。可能であれば、毎食後歯を磨けると良いですね。

関連記事