たるんだ身体を撃退! 産後ダイエットの正しいやり方について

たるんだ身体を撃退! 産後ダイエットの正しいやり方について

産後、赤ちゃんが生まれて最高に幸せ!と感じる一方、出産前との体型の違いにショックを受けている方が多いのではないでしょうか? しかし、女性の体の仕組みさえ上手く理解しておけば「なりたい自分」へリメイクすることができると言われています。

産後ダイエットの正しいやり方について

「糖質制限」「ウォーキング」など昔と同じようにダイエットしているにもかかわらず、なかなか痩せられない…と頭を抱えてはいませんか? 産後ダイエットを成功させるには、現在の自分の体の状態にあった減量方法を実践することが重要なポイントなのです。

1.【鏡を見て自分の体型を客観視する】ダイエットを成功させるには、明確な目標を持つことが大切です。まずは鏡を眺めて「あとどのくらい痩せるべきか?」「どの部分に筋肉をつけ、体を引き締めていくべきか?」など、自分の体型を客観視するようにしましょう。キッチン・リビング・寝室など各部屋に全身鏡を配置し、立ち姿〜座っている姿までいつでも自分の姿を確認出来るようにしてください。そうすることで子育てに追われている時も自然とダイエット意識を高めることが出来ると言われています。

2.【産後はお尻のラインが重要!】お尻を覆う筋肉である「大殿筋」がゆるんでいると、骨盤が広がってしまい下半身に脂肪がつきやすくなります。産後のどっしりとした下半身を解消するべく、お尻周りを中心としたストレッチを積極的に実践するようにしましょう。料理、洗濯をしながらグッと10秒間(※1回あたり5〜6セットが目安)、お尻に力を入れてみてください。非常に簡単な方法ですが、毎日継続的に行うことでお尻がキュッと上がり、太もも周辺もすっきりしてくるでしょう!

3.【背筋を整える】猫背の状態のまま暮らしていると脂肪が背中周りにつきやすくなるほか、背中から肩にかけての血行が停滞するため、肩こりや乳腺炎の原因になるそうです。育児中も出来るだけ背筋をまっすぐするよう普段から意識し、時間がある際は肩甲骨部分を鍛える運動方法を実践していくと良いでしょう。

産後におすすめのダイエットレシピ 〜カルボナーラ風!もち麦のリゾット〜

はやく元通りの体型に戻したいからと極端に低カロリーなメニューばかり食べてしまうと、当然ながら授乳中の赤ちゃんに悪い影響を及ぼす可能性も! 母子ともに健康的な体を維持するためには、栄養バランスを意識したダイエットレシピを取り入れていくようにしましょう。なかでも、もち麦は子育て中の女性に嬉しいビタミン・ミネラルが豊富であるほか、糖質の吸収を穏やかにする水溶性食物繊維が含まれているため産後ダイエットにはもってこいの食材と言われています。

<カルボナーラ風!もち麦のリゾットの作り方>
【材料】(2人分)
・もち麦 1/2カップ
・ベーコン 2枚
・卵 1個
・豆乳 100cc
・塩胡椒 少々
・粉チーズ 適量
・オリーブオイル 小さじ2
・乾燥パセリ 適量

【作り方】
1. もち麦を弱火〜中火の間で15分間炊いていきます。
2. フライパンにオリーブオイルをひき、1センチの厚さにカットしたベーコンをカリカリになるまで炒めます。
3. ボウルに卵・豆乳・塩胡椒・粉チーズを入れてしっかりかき混ぜます。
4. 1のもち麦と2のベーコンを3に加え、混ぜ合わせます。
5. お皿に4を盛り付け、お好みで乾燥パセリをトッピングして完成です。

いかがでしたか? 産後の女性をはじめ、近々出産予定のある方は是非今後の参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事