ブーツを脱いだ後もこわくない! 足のにおい対策についてご紹介

ブーツを脱いだ後もこわくない! 足のにおい対策についてご紹介

ブーツは秋・冬のおしゃれに必須アイテムである一方、長時間履いた後の悪臭に悩まされている女性も多いのではないでしょうか? いつでも人前で堂々と脱ぎ履きできるよう、この機会にブーツのにおいの原因・対策についてチェックしていきましょう。

足のにおいの原因は何?

彼や友人には絶対にばれたくない! ブーツを脱いだ後の強烈な足のにおい…。原因は一体なんなのでしょうか?

足の裏と手のひらは、人体の中で最も汗をかく部位と言われています。タイツやブーツを履くことで1日中締め付けられ、蒸れてしまうことからブドウ球菌などの常在菌が増殖し、悪臭物質の一つ「イソ吉原酸」が発生してしまうそう。また、ペディキュアのために足の爪を伸ばしている女性も多いと思いますが、爪の下に角質が溜まりやすく、これもきつ〜いにおいの原因に! 出来るだけ爪をこまめにカットすることが一番ですが、もし難しい場合はお風呂で爪の間をブラシできっちりと洗浄するようにしましょう。

【POINT】
意外と知られていないことですが、ビタミンサプリの過剰摂取により体臭がきつくなる場合があるそうです。ビタミンサプリを活用する際は、パッケージに書いてある目安量を必ず守るようにしましょう。一方、野菜・果物からビタミンをとった場合は、そのようなことは起きないと言われています。

気になる足のにおい! おすすめの対策について

足のにおいを改善する、おすすめの対策についてチェックしていきたいと思います。

1.【ミョウバン】食品にも使われるミョウバンには、制菌・制汗・消臭作用があると言われています。使用方法としては、15(水):1(ミョウバン)の割合で作るミョウバンスプレーがおすすめです。ブーツにもシュッとひと吹きできますし、肌にも優しいので足や脇などにも直接使うことができるそうです。

2.【10円玉を入れておく】10円玉の原材料である銅には雑菌を分解する作用があるそうです。片方に5〜6枚分の10円をブーツの中に忍ばせておくことでにおいが軽減されるでしょう。

3.【アロマオイルを入れて足浴ケア】アロマオイルのティートゥリーを入れた足浴も高い消臭効果に期待できます。ティートゥリーには強い殺菌力があることから、水虫対策にも良いと言われています。

いかがでしたか? どれもお財布にも優しい、気軽に挑戦できるものばかりですので是非参考にしてみてくださいね。

関連記事