恥骨アップで顔までリフトアップ!? 正しいストレッチ方法について

恥骨アップで顔までリフトアップ!? 正しいストレッチ方法について

美顔器やエイジングケア化粧品で普段から入念にケアしているにもかかわらず、なかなかたるみが解消されない!と悩んではいませんか? 実は顔のたるみは恥骨部分の歪みから引き起こる可能性があると言われているんです。

恥骨を整える正しいストレッチ方法

東洋医学の考え方によると顔のたるみは年齢によるものだけでなく、内臓の下垂と密接な関係があると言われています。なぜこのようなことが起こるかというと、内臓下垂状態になることで血液の流れが滞り、肌に必要な酸素や栄養素がうまく行き渡らなくなることが主な原因にあるようです。内臓下垂を改善するには、まずは恥骨部分の歪みを整えることが重要なポイントです! おすすめのストレッチ方法についてご紹介します。

<恥骨を整える正しいストレッチ方法>
1. 仰向けに寝て、両方の膝を立てます。
2. 左側の足をグッと外側へ倒します。
3. 右の骨盤をお尻ごとゆっくりと斜め上(※左斜め45度が目安)に引き上げ、3秒間数えましょう。3秒数えたら左右の足を1の状態にゆっくりと戻します。
4. 右側の足をグッと外側へ倒します。
5. 左の骨盤を3と同様のやり方にてゆっくりと斜め上に引き上げます。3秒間数えたら左右の足を1の状態に戻します。
6. 1〜5の流れを左右5回ずつ実践しましょう。

【POINT】
ストレッチを行う際、腰回りに丸めたバスタオルを置くとより筋肉が伸びやすくなります。万が一、違和感や痛みを感じる場合はストレッチを一旦中止するようにしましょう。

ストレッチと合わせて実践したい! 内臓下垂を改善するおすすめの対策について

たるみの原因である内臓下垂を改善するには、ストレッチ以外にどのような方法があるのでしょうか? おすすめの対策について2種類チェックしていきたいと思います。

1.【食事方法】一度に食事してしまうと胃に負担がかかり、内臓下垂が悪化してしまう可能性があると言われています。食事を摂る際は、1日に何食かこまめに分けて食べるようにしましょう。

2.【適度な運動】運動を実践することでインナーマッスルが鍛えられ内臓下垂を改善する効果に期待できます。内容としては、スクワットやバランスボールなど体幹を意識した運動方法がおすすめです。

いかがでしたか? 恥骨の位置を整えることでたるみなどの肌トラブルだけでなく、冷え性・食欲不振など様々な症状を改善する効果に期待できます。美と健康のためにもこの機会に是非参考にしてみてくださいね!

関連記事