「イライラ」に縛られてない? 女性の感情を整える最強食事療法!

「イライラ」に縛られてない? 女性の感情を整える最強食事療法!

仕事でのストレス・彼との喧嘩・生理前のPMSと年中「イライラ」な生活に縛られてはいませんか? ストレスは食事内容をしっかり見直すことで改善できるとも言われています。まずはあなたのイライラはどの種類であるか一緒にチェックしていきましょう!

女性のイライラ! あなたはどの種類?

夕方になるとなぜかイライラしてしまう、普段穏やかなのに生理前になるとイライラがはじまる!など、イライラを発症するタイミングには法則性・特徴があるそうです。自分がどの種類のイライラであるかをおさえておくことで解消の鍵に繋がりやすいと言われています。

1.【鉄分不足タイプ】ちょっとしたことが気に障ったり、つまらないことで涙もろくなったりと常にイライラを感じている場合、鉄分が不足している可能性があると言われています。鉄分が不足してしまうとイライラだけでなく、めまい・不眠症、産後鬱など様々な健康トラブルを引き起こしやすいので注意が必要です!

2.【PMSタイプ】生理前になるとまるで人が変わったように攻撃的になったり、人や物に八つ当たり…!一度は経験がある女性も多いと思いますが、これはホルモンバランスの乱れから起こるPMSタイプのイライラと言われています。PMSは食事内容の改善や漢方薬を活用することで軽減できるそうです。

3.【低血糖タイプ】お腹がすくとイライラしてくる、突然怒ったと思えばやる気がなくなり鬱っぽくなってしまう。このように、イライラと落ち込みが混合する場合は、低血糖症を引き起こしている可能性が考えられるようです。低血糖症とは、普段から糖質を摂りすぎているため血糖コントロールがうまくできなくなっている状態のことを言います。

<POINT>
ストレスに強くなるには、まずは副腎を強化することが大切であると言われています。副腎を強化すれば、副腎皮質ホルモンと呼ばれる抗ストレスホルモンが正常に分泌されるため様々なストレスを受けてもスムーズに乗り越えられる強い心を作ることができるそうです。抗ストレスホルモンを増やすには、材料としてタンパク質・ビタミンC・パントテン酸が必要と言われています。

特にタンパク質はストレスを感じることで通常の2〜3倍の早さで消耗してしまうため、出来るだけ積極的にお肉・お魚などの食材を摂ると良いそうですが、量をたくさん食べることが難しい場合はプロテインやアミノ酸などのサプリメントを有効活用していくと良いでしょう。

女性のイライラを解消するおすすめの食事療法

イライラの種類にあわせたおすすめの食事療法についてレクチャーしていきたいと思います。

1.【鉄分不足タイプ】鉄欠乏を解消するには、豚レバー・牛の赤身肉・マグロなどの動物性食品がおすすめです。これらの食材には、ヘム鉄と呼ばれる鉄分が豊富に含まれており、ほうれん草・小松菜などの植物性食品に含まれる非ヘム鉄に比べると吸収率が約5〜10倍程高いと言われています。また、鉄分はビタミンCと組み合わせることでさらに吸収率を高めることができるそうなので、野菜・果物類もバランスよく取り入れていくようにしましょう。

2.【PMSタイプ】PMSによるイライラは、鉄分・ビタミンEの2種類の栄養素を合わせて取り入れていくと良いそうです。ビタミンEはウナギやアボカド、アーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれていると言われています。

3.【低血糖タイプ】低血糖タイプの場合、糖質制限を控えることが第一条件です。普段、昼食にコンビニのおにぎりやサンドイッチばかり食べてはいませんか? 炭水化物をメインとした食事内容は、食後一気に血糖値が低下してしまうため疲労感や集中力低下に繋がりやすいです。一体どのような食材を食べればいいかというと、肉類・魚類・卵・乳製品などの食材がおすすめです。これらの食材はGI値が低いため血糖値が安定し、感情をうまくコントロールできるようになると言われています。

いかがでしたか?「何か理由があるわけではないのに心が落ち着かない…!」そんなイライラが続いている場合は、この機会に是非参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事