デトックス効果も!?「お灸」美容法の正しいやり方・注意点について

デトックス効果も!?「お灸」美容法の正しいやり方・注意点について

お灸と聞くと肩こり・腰痛を解消するアイテムとして有名ですが、実は嬉しい美容効果もあることから最近若い女性の間で密かなブームが起こっているそうなんです! そんな今話題の「お灸」を自宅で実践する方法についてご紹介します。

【お灸美容法】正しいやり方について

お灸の熱や刺激により体の巡りを整えることで、冷えやPMSなどの不調を改善するほか、肌荒れ解消〜毒出し作用まで様々な美容・健康効果に期待できると言われています。お灸を行う際、専門店に通わなければ難しい!と思いがちですが、最近では初心者の方も気軽に実践できる市販のお灸も増えているそうです。より身近になったお灸を美容アイテムとして有効活用していきましょう。

【お灸の正しいやり方について】
1.【肌の状態を確認】お灸を行う前にまずは自分の肌の状態を確認していきます。汗で湿った肌や敏感肌の場合「水泡」が出来やすいほか、むくんでいると疲労感が増したり体がだるくなるなどの副作用が起こりやすいので注意しましょう。
2.【刺激したいツボを探す】人差し指・中指・薬指の腹を使って刺激したいツボを探していきます。凹んでいる部分やくすみ、カサカサしている部分はツボの可能性が高いそうです。具体的なツボの場所については後程ご紹介します。
3.【お灸に火をつける】お灸の台座についているシールをはがし、横からそっと近づけるように火をつけます。ツボにお灸をすえ、煙が出なくなる頃からじんわりと温かさを感じ始めるでしょう。台座部分を指で触り、冷めていたらお灸の終了です!

【POINT】お灸は1日1回、1回につき最大5箇所までを目安に行うと良いそうです。じんわりとした温かさではなく、チクチクしたり不快な熱さであれば我慢せず中止するようにしましょう。

【お灸美容法】むくみ・肌荒れ・便秘を解消するおすすめのツボ

多くの女性が抱えている美容・健康トラブル「むくみ」「肌荒れ」「便秘」に関するツボについてチェックしていきたいと思います。

1.【むくみ】湧泉というツボを刺激することでむくみ解消効果に期待できます。全身の気の巡りをよくし、足元の冷えやPMSを緩和する作用もあるそうです。
<湧泉の場所>足裏にある人文字型の凹みの上端部分。

2.【肌荒れ】肌荒れには曲池というツボが良いと言われています。刺激することで皮脂や老廃物の排出をサポートし、ニキビなどの肌荒れを改善するそうです。
<曲池の場所>肘を曲げた時にできる横ジワの延長線部分。押すとズーンとした痛みを感じやすいです。

3.【便秘】天枢は胃腸全般を整えるツボと言われています。便秘以外にもストレス性の下痢・腹痛にもおすすめです。
<天枢の場所>おへその両脇にあり、それぞれおへそから指3本ずつ離れた位置にあるそうです。

女性特有の悩みをじっくりと温めながら解消してくれる癒しの美活アイテム、「お灸」。この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事