女子会を断らずに賢くダイエット! おすすめのオーダー方法について

女子会を断らずに賢くダイエット! おすすめのオーダー方法について

夜遅くにアルコールを飲むと太るから…と女子会を断り続けてはいませんか? ちょっとした工夫さえすればビールを飲んだり、時間を気にせずオールで食べ飲みしたりしてもストレスを溜めずに痩せることができると言われているんです!

【女子会を断らずに賢くダイエット】1.居酒屋でのおすすめのオーダー方法

一般的に居酒屋と聞くと太ってしまう! と連想する女性が大半かと思いますが、実は居酒屋こそダイエット食の宝庫であると言われています。特に和食系中心の居酒屋の場合、野菜や魚を使った低カロリーなメニューが多数並んでいるそう。事前にオーダー方法をマスターし、ダイエットに適したメニューをうまくチョイスしていきましょう。

1.【野菜】野菜を食べると痩せやすいと言われていますが、実はダイエット向きではない野菜もあるので注意が必要です。例えば、居酒屋メニューによくある肉じゃがやかぼちゃの煮付けなどはあっさりとした味付けである一方、糖質がたっぷり含まれていますのでダイエットには適していないそう。野菜を使ったメニューをオーダーする際は、お通しの定番である冷やしトマト・枝豆などがおすすめです。

2.【海藻類】海藻類には水溶性の食物繊維やミネラルがたっぷり含まれており、ダイエットだけでなく健康にも良い食品でしょう。女子会の最初にひじきの煮物やもずく酢を食べると血糖値が穏やかになり、脂肪がつきにくくなるそうです。

3.【肉】ダイエット中控えている女性も多いと思いますが、お肉も赤身など部位によってはむしろ痩せるためには必須の食材であると言っても過言ではありません! 具体例としては焼き鳥を注文する際、豚バラ肉や鶏皮などの焼き鳥メニューは脂質が多く太りやすいので避けるべきですが、レバーなどの内臓系のお肉はミネラル分やビタミンB1などのダイエットサポート成分が豊富に含まれています。牛タンの塩焼きや鶏のささみを使った和え物なども低カロリーなため、ダイエットに良いと言われています。

4.【魚】魚には糖質・脂質の代謝に不可欠なビタミンB群の他、タンパク質・コラーゲンなど美肌に良い栄養素が豊富に含まれていることから、ダイエット〜美に敏感な女性であれば必ずオーダーしたい食材の一つでしょう。特にお刺身の中でもシメサバやさんまなどの青魚がおすすめ。青魚には、コレステロールの分解をサポートする不飽和脂肪酸が含まれています。

【POINT】
お酒の注文方法ですが、焼酎・ウイスキー・ウォッカなどの蒸留酒がおすすめです。蒸留酒であれば、米・麦・ぶどうなど糖分を含む原材料を使ったアルコールを一度煮沸し、蒸留させていくので元の原料の栄養分がほとんど残っておらず、低カロリーで太りにくいと言われています。ビールを注文する際は最初の1〜2杯だけにし、3杯目以降は糖質の低いレモンサワーやハイボールなどのメニューをオーダーしていくと良いでしょう。

【女子会を断らずに賢くダイエット】2.食べすぎを防ぐには?

アルコールを飲むと食欲が増進し、ついつい食べ過ぎてしまった!という経験はありませんか? しかし、女子会前にあることさえ実践しておけば食欲をうまくコントロールすることができると言われています。

人間の体は満腹のまま寝てしまうと「成長ホルモン」の分泌が阻害されてしまい、代謝が落ちて太りやすい体質になるそうです。女子会に参加する場合は、出来るだけ腹7分目の量を心がけるようにしましょう。もし、なかなか食欲を抑えることができない場合は夕方の16〜18時頃、間食しておくことをおすすめします。間食と言ってもスナック菓子やケーキではなく、ドライフルーツなどのヘルシーな食材を有効活用するようにしましょう。特にドライフルーツは食物繊維が豊富であるほか、適度な甘みがあるので満腹感を高める効果に期待できます。

いかがでしたか? 近々女子会や合コンを控えているという方は是非参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事