運動が苦手でも大丈夫! 二の腕痩せには「逆腕立て伏せ」が効果絶大

運動が苦手でも大丈夫! 二の腕痩せには「逆腕立て伏せ」が効果絶大

二の腕についたプニプニのお肉って、なかなか落ちにくいですよね。細く引き締まった二の腕には憧れるけど、腕立て伏せってツライからなかなか続けられない…そんな方にご紹介したいのが「逆腕立て伏せ」です! 早速、二の腕痩せにチャレンジしてみましょう。

たるみやすい二の腕に!「逆腕立て伏せ」の効果とは?

なかなか痩せにくいパーツでもある「二の腕」。引き締まってスラっとした二の腕に憧れませんか?
二の腕が太いと、全体的に太って見えてしまいがち。二の腕がつぶれて、より太く写ってしまった写真などを見た時には、衝撃を受けますよね...

そもそも、二の腕の筋肉は、普段あまり使うことが少ない為、たるみやすいと言われています。また、猫背などの姿勢の悪さも、二の腕が太りやすいことの一因です。

放置しておくと、さらに二の腕のお肉がプニプニになることがあるので、意識的に筋肉を動かしてあげる必要があります。そこで、効果的なのが「逆腕立て伏せ」なんです!

簡単に行うことが出来るのに、二の腕痩せに即効性があり、肩甲骨もほぐれるので、血流のUPや、猫背・肩こりの解消効果も期待できます。

また、逆バージョンの腕立て伏せは、座って楽な姿勢で行えるので、運動が苦手な方でも、チャレンジしやすいのもポイントです。

早速チャレンジしてみよう!「逆腕立て伏せ」のやり方

(1)脚を伸ばした状態で床に座り、両手を身体の後ろにつく。
 ※この時、手の指の向きは、お尻の方に向けてください。
(2)息を吸いながら肘を曲げ、上体を後方へ倒す。
 ※体重を手首に乗せるようにしながら、曲げれる所まで肘を曲げましょう。
(3)息を吐きながら、上体を元に戻す。
(4)肘を曲げる・伸ばすという動作を繰り返す。

*10回を目安に行い、慣れてきたら徐々に回数を増やしてみましょう。
*二の腕の裏側がプルプルしてくれば、効いている証拠です!
*上体を後方へ倒す際、肘が横に広がってしまわないよう気を付けてください。
*慣れてきたら、お尻を浮かせながら行うと、より負荷を掛けることが出来ます。

テレビを見ながらでも行えるエクササイズですので、隙間時間に取り入れて、二の腕痩せを目指しましょう!

関連記事