顔の脂の取りすぎに注意! あぶらとり紙よりも××が丁度良い?

顔の脂の取りすぎに注意! あぶらとり紙よりも××が丁度良い?

顔のテカリ、脂はメイク崩れの元なので、あぶらとり紙ですぐ取りたくなりますよね。ただ、あぶらとり紙は1日に何度も使用すると逆にオイリー肌になることも。回数を減らしたり誰でもすぐに手に入るアレを使ってみてください。

顔の脂をあぶらとり紙で取りすぎるとオイリー肌になるかも

オイリー肌、混合肌の人は、Tゾーンのテカリや度々脂からくるニキビに悩まされますよね。またテカったままだと恥ずかしいですし、メイクが崩れはじめたらすぐに脂を取ってメイク直しをする方がほとんどだと思います。ただ、あぶらとり紙が大好きで頻繁に脂を取っている人は要注意です。

あぶらとり紙はその名の通り、顔の脂を取るために作られたものです。なので、軽く押し当てるだけで脂が取れます。1度に何度も繰り返し押し当てる必要はありません。

美肌は「保湿」されていることが一番大事です。顔の脂を取りすぎると肌を守るためにバリアを作ろうと余分な皮脂が出てきやすくなり、オイリー肌がよりオイリーになってしまうことも。乾燥することで毛穴のたるみにも繋がってくるので、鼻の角栓も目立ちやすくなります。あぶらとり紙は、軽く押し当てる程度に使用しましょう。

顔の脂は身近にあるアレで取るという方法も

あぶらとり紙を使用していて、オイリー肌になっている人は必要な顔の脂まで取ってしまっているのかもしれません。

そんな時は「ティッシュ」で取ってみてください。やり方は簡単。脂が浮いているところに畳んだテッシュを軽く押し当ててください。この時も何度も押し当てないようにすると脂を取りすぎずに済むでしょう。ティッシュだと丁度に脂が取れますし、どこでも手に入るので便利ですね。敏感肌の人や肌荒れが起きている人は、保湿効果のあるティッシュを使用してください。あぶらとり紙同様、ティッシュでも取りすぎは乾燥の元なので気をつけてください。

ただ、最近のあぶらとり紙も進化していて「水分を取りすぎない」あぶらとり紙やあぶらとりスポンジなども発売されています。ご自身にあった方法で脂をオフしメイク直ししてくださいね。

関連記事