青あざをつくらないためには、ぶつけてすぐの対策がポイント!

青あざをつくらないためには、ぶつけてすぐの対策がポイント!

あれ? こんなところに青あざが……と気づくと、あちらこちらに青あざができていたという経験はありませんか? 青あざがあると自信を持って足を出せないという方も多いはず。ですが、青あざをつくらないための方法があるのです。

そもそも青あざができる原因って? 対策は?

しっかりムダ毛処理をしていても青あざがあるだけで自信がなくなってしまいがち。メラニンによってできるものもあれば、皮膚の下で内出血が起きることもあるそうです。

ホルモンバランスの乱れやビタミン不足などは、青あざができやすい原因に挙げられます。特に冷え性の方は血管が弱くなっている場合があり、わずかな摩擦でも毛細血管が切れやすい状態になって青あざができるようです。一度できるとなかなか治らない青あざを防ぐには、ぶつけてすぐの対策がポイントです。

青あざを予防するには、ぶつけたらすぐ対策を!

脚や腕などをぶつけてから3日くらいであれば、冷やすことで青あざになる確率を下げることができます。ぶつけたところをしっかり確認して、保冷剤や氷を入れた袋を患部に当ててアイシングをしておきましょう。

また、できてから時間が経っているものは患部にホットタオルを当てて血流を促進させるのも有効だそうです。

そして冷え対策も欠かせません。毎日シャワーで済ませているという方は、お風呂にゆっくりつかって身体の芯から温めたり、レッグウォーマーなどを使って足元の冷えを防いだり、冬場は熱を閉じ込めるインナーを着たり、重ね着をしたりするといいでしょう。

そのほかにもインナーケアとして、強い血管の壁をつくるといわれているビタミンC、血行促進により新陳代謝を促すビタミンEが含まれた食材を積極的に取るのもおすすめ。鉄分やタンパク質もしっかり補いましょう。

ぶつけたらすぐに対策をして青あざ予防を

ぶつけてしまったら放置するのではなく、早めにアイシングしたり、長時間経過してしまった患部は温めることで青あざを改善できることも。できてしまった青あざには、インナーケアを重視した対策をコツコツ続けて、スムーズに治していきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事