冷え性ケアやダイエットにも♪NYで人気の簡単「ベジラテ」レシピ

冷え性ケアやダイエットにも♪NYで人気の簡単「ベジラテ」レシピ

ニューヨークから待望の日本上陸を果たした「ベジラテ」♪ おしゃれな見た目で美容や健康にも良いヘルシードリンクは、グリーンスムージーに次ぐ朝食の新定番としてブーム目前です。今回はそんな「ベジラテ」の魅力と自宅で作れる簡単レシピをご紹介します。

注目ドリンク「ベジラテ」とは?

「ベジラテ」とは、その名の通り「ベジタブル(野菜)」×「ラテ(ミルク)」を組み合わせたドリンクのこと。ブームの火付け役はニューヨーク・マンハッタンのカフェ「The Good Sort(ザ・グッド・ソート)」ですが、もともとはオーストラリアで古くから愛されてきた飲み物です。「ラテ」というとカフェラテのイメージが強いものの、ベジラテのベースはコーヒーではなく野菜や果物。あわせるミルクも牛乳ではなく豆乳やアーモンドミルクなど植物性ミルクを使用するため、身体に負担なく栄養を摂取できるヘルシードリンクとして人気を集めています。

ノンカフェインで冷え性ケアや小腹満たしに♪

ベジラテは、ノンカフェインなので妊婦さんでも安心して飲むことができるほか、グリーンスムージーと違ってホットで楽しめることも魅力の1つ。冷え性ケアとして寒くなるこれからの季節にピッタリのドリンクです。さらに、植物性ミルクは腹持ちが良いためダイエット中の朝食や間食としてもオススメ。小腹を満たしながらキレイになれるなんてとっても嬉しいですね♪

自宅で簡単!「さつまいものベジラテ」レシピ

様々な野菜や果物を使って作るベジラテ。今回は秋にぴったりの「さつまいものベジラテ」レシピをご紹介します!

材料(1杯分)

さつまいも 小1/2個(100g程度) オレンジジュース100ml 無調整豆乳200m はちみつ 大さじ1〜(量はお好みの甘さによって調整OK♪) シナモンパウダー 適量

作り方
1. さつまいもは3cm程度の輪切りにし、耐熱容器に入れてふんわりラップをかける。600Wのレンジで3分加熱し柔らかくする。
2. ミキサーに1とオレンジジュース、はちみつを加えて撹拌しペースト状にする。
3. 豆乳を耐熱容器に注ぎ600Wのレンジで1分加熱したら、泡立て器で軽く泡立てる。
4. グラスに2を注ぎ、3を少量ずつ加えながら混ぜあわせ、仕上げにシナモンパウダーをトッピングする。5. 完成!

ワンポイントアドバイス♪

無調整豆乳が苦手な場合には、はちみつをカットして調整豆乳で作っても美味しいですよ♪ またさつまいもの代わりにかぼちゃを使用したり、オレンジジュースの代わりにマンゴージュースでペーストを作ると違った味わいを楽しむことができます。仕上げのスパイスパウダーは、クミンパウダーやパプリカパウダーなどでも香り高く仕上がるので、ぜひお好みのアレンジで作ってみてくださいね。

手軽に美味しく野菜の栄養を摂取でき、ヘルシーに小腹も満たされるなんてとっても嬉しいドリンクですね。ぜひこの秋冬は、大注目の「ベジラテ」ドリンクを楽しんでみてくださいね♪

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事