少し変えるだけ! シワが少ない人が実践している洗顔・入浴方法

少し変えるだけ! シワが少ない人が実践している洗顔・入浴方法

朝は冷たい水で顔を洗うのが良いなんて話もありましたが、それが合っている人は良いのですが、シワが少ない人が実践している洗顔方法はぬるま湯なんだとか。今回はシワが少ない人が実践している洗顔・入浴方法のご紹介です。

シワの少ない人が実践している洗顔方法とは?

【朝の洗顔はぬるま湯で洗う】
朝は冷水で洗顔すると肌が引き締まるという話もありますが、その方法が合わない人はぬるま湯で洗ってみてください。冷水だと夜に溜まった皮脂が取りきれず、ニキビの原因になったり、お湯で洗うと必要な脂まで取ってしまったり、乾燥の原因になることも。シワは乾燥からくるものが多いので、ぬるま湯で洗い、必要な脂を残すことは理にかなっていますね。目安は30〜32℃です。

【夜の洗顔は一番最後】
夜はお風呂場でメイク落としや顔を洗う方が多いと思います。シワの少ない人が洗顔するのは、必ずお風呂から上がる「直前」なんだとか。例え湿気が多いお風呂場でも顔は洗った瞬間から水分が逃げていくので、シャンプー→コンディショナー→ボディーウォシュ→洗顔の順番で行うと良いそうです。

【洗顔はシャワーをあてない】
お風呂場でシャワーをそのまま顔に当てて顔を濡らしたり泡を落とすのは楽ですが、一手間加えて手でシャワーのお湯をすくうようにして洗顔しましょう。シャワーの水圧は思ったよりもお肌に負担を与えているようです。

【洗顔後は3分以内の保湿】
お風呂上がりは体をふくと同時にすぐに顔に化粧水と乳液をつけて保湿しましょう。お風呂の湯気で開いた毛穴に美容成分が浸透し、保湿もできて一石二鳥です。肌は洗った瞬間から乾燥していくので目安は洗顔後3分以内に保湿ケアを始められると良いでしょう。

シワが少ない人が実践している入浴方法とは?

洗顔はシャワーを使わずぬるま湯が良いということでしたが、お風呂のお湯は違います。

シワが少ない人が実践している入浴方法は洗顔前に
・42度のお湯に5〜10分浸かる
・41度のお湯に10〜15分浸かる
・40度のお湯に15〜20分浸かる
という人が多いんだとか。

42度のお湯に5分浸かることでヒートショックプロテイン(熱ショックタンパク質)が働いて昼間浴びた紫外線による肌のダメージを修復してくれると期待できるそう。ヒートショックプロテインとは、細胞中の「熱」によって増えるタンパク質のことで、自己回復タンパク質である「HSP70」が増えることでメラニンが減るんだとか。この「HSP70」を増やすには上記の温度で入浴すると良いんだそう。

少し工夫すれば良いだけで、今日から実践できるものばかりですね。ぜひ試してみてください。

参考:伊藤要子(2010)『加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする』 マガジンハウス

関連記事