乾燥の季節到来! 肌に潤いを与える食材を食べてシワ知らずの肌に

乾燥の季節到来! 肌に潤いを与える食材を食べてシワ知らずの肌に

乾燥が激しい季節になりました。クリームを塗って保湿をしたり外からの乾燥対策も大切ですが、内側からも乾燥に打ち勝てる肌作りができたら良いですよね。身近にある乾燥肌に効果的な食材でシワ知らずな肌作りをしましょう。

シワ知らずの肌へ! 乾燥肌に効果的な食材

【セラミド】
肌の角質層で水分や油分などを抱えているスポンジのような存在で肌の潤いに欠かせない成分です。セラミドを多く含む食材はコンニャク、しらたき、黒豆、小豆製品、ひじき、しらたき、わかめ、ほうれん草、そばなどです。

【ビタミンA】
粘膜を守り、新陳代謝が活発になり肌のターンオーバーを促す作用があります。また、肌だけでなく皮膚や目、骨の健康を保ち、肝臓機能の正常化などにも作用すると言われています。ビタミンAを多く含む食材は緑黄色野菜、のりやわかめなどの海藻、レバー、ウナギ、アナゴ、サバ、イワシ、乳製品、卵、緑茶などです。

【ビタミンB3(ナイアシン)】
皮膚や粘膜の炎症を防ぐぎ血行を促進すると言われている、肌だけでなく精神を安定させる効果にも期待できます。ビタミンB3を多く含む食材はたらこ、鰹節、まぐろ、めんたいこ、かつお、豚レバー、焼豚、牛レバー、らっかせい、バターピーナッツ、干ししいたけなどです。

【ビタミンB5(パントテン酸)】
肌を作るときに欠かせないビタミンCの働きを助ける作用があり、皮膚に栄養を与え、肌を正常に保つ効果に期待できます。ビタミンB5を多く含む食材は鶏レバー、豚レバー、干ししいたけ、とうがらし、納豆などです。

【ビタミンB7(ビオチン)】
肌の弾力に必要なコラーゲンや、セラミドの生成を促す作用があり、美肌の維持には欠かせない成分と言われています。ビタミンB7を多く含む食材は鶏レバー、牛レバー、豚レバー、大豆、落花生、玉葱、カリフラワー、マッシュルーム、いわし、牡蠣、牛乳などです。

【ビタミンC】
肌のコラーゲンの生成を促し、皮膚の老化や炎症を進める活性酸素を除去する抗酸化作用の働気を持つそう。ビタミンCを多く含む食材は赤ピーマン、黄ピーマン、緑ピーマン、パセリ、芽キャベツ、ケール、ゴーヤ、レッドキャベツ、モロヘイヤ、いちご、焼きのり、味付けのり、めんたいこ、ゆず、レモン、柿、キウイなどです。

乾燥肌対策の食材を食べてシワ知らずの肌へ

いかがでしたか?
思っているよりも身近にある食品で肌に良いものはたくさんありますね。これらの食品を摂って体の内側から乾燥肌対策をしてシワ知らずの肌を保ちましょう。

関連記事