美肌・口臭・育毛効果も期待できる?「万能酵母液」の作り方

美肌・口臭・育毛効果も期待できる?「万能酵母液」の作り方

「菌活」と言えばヨーグルトやきのこのイメージが強いと思いますが、私達日本人の食生活に昔から馴染み深い玄米からも、素晴らしい美容・健康効果が期待できる菌が宿っていると言われています。なかでもおすすめの活用方法が玄米菌を使った万能酵母液です。

万能酵母液の効果について

万能酵母液とは、玄米・黒糖・塩・水だけで発酵させて作る琥珀色をした液体のことを言います。料理・美活・掃除まで名称通り万能アイテムとしてあらゆる用途に使えるそうです。そんな万能酵母液に期待できる効果についてチェックしていきましょう!

<万能酵母液に期待できる効果>
【髪のボリュームアップ】万能酵母液を頭皮にスプレーすることで頭皮の菌バランスが整いフケや痒みの改善〜ふんわりとボリュームのある元気な髪になるそうです。

【美肌効果】飲むことで腸内環境を整えるほか、肌に直接塗ることで皮膚常在菌に働きかけ、ニキビのない健康的な肌質へ改善する効果が期待できます。

【虫歯予防】万能酵母液でマウスウォッシュすると口腔内の菌バランスが整い、虫歯予防や口臭予防に繋がると言われています。

【料理を美味しくする】ご飯を炊く際、酵母液をプラスすることでお米にモチモチ感をUPさせる効果が期待できます。また、肉や魚の臭みを消す働きなどもあるそうです。

【汚れを落とす作用】トイレ・車・キッチンなどに万能酵母液をスプレーし、しばらく置いてから掃除をすることでしつこい汚れもすっきりと落ちやすくなります。

<POINT>
万能酵母液は100円均一などに売ってあるスプレーボトルに入れておくことをおすすめします。自宅用には大きめのサイズに入れてキッチンのお掃除やペットシーツの消臭に。小さめのサイズになら持ち歩いて肌〜マウスウォッシュまでいつでもケアすることができるので非常に便利ですよ!

万能酵母液の正しい作り方

万能酵母液の作り方についてレクチャーさせていただきます。発酵具合によっては丸一日かかる可能性もありますので休日など、ゆっくり時間を確保できる日に作業に取りかかるようにしましょう。

【材料】
・玄米 58g
・黒砂糖 184g
・塩 20g
・水 570ml

【使用する道具】
・ペットボトル(1リットルサイズ)1本
・ろうと 1本
・ボウル 1個
・茶漉し 1個

【作り方】
1.玄米をさっと水洗いします。
2.ペットボトルの飲み口にろうとを差し込み、黒糖・塩、玄米を静かに流し入れます。
3.2のペットボトルに分量分の水を加え、キャップを閉めたら20〜30回を目安によく振ります。
4.玄米菌の発酵時間は25度の室温で30〜35時間で発酵が完了するそうです。(夏であれば24時間、冬であれば48時間が目安)平らな場所に置き、静かに発酵させるようにしましょう。

【発酵の見極め方】炭酸水よりも小さな気泡が発生し、指で押してもへこまないくらいパンパンに膨らんでいたり、キャップを開けると小さく「パッ」という音がすると発酵している状態と言われています。万が一過発酵(ぶくぶくと泡立っている状態)してしまった場合はあまり飲用には適していませんので入浴剤などに活用することをおすすめします。

【万能酵母液の希釈方法】
1.万能酵母液の原液(77g分)、水(1リットル)をペットボトルに入れて冷蔵庫で24時間静置します。
2.大きめのボウルに水(1リットル)・塩(9g)を混ぜ合わせ、1の中に加えます。さらに1時間静置して完成です。

<POINT>
万能酵母液はそのまま使用するのではなく、上記のように26倍に希釈してから初めて様々な用途に使用することができるそうです。常温で保存することも可能ですが、カビ発生の原因にもなりやすいので出来れば冷蔵庫で保管するようにしましょう。

いかがでしたか?お財布にも優しい美容・健康方法ですので興味がある方は是非この機会に一度その効果を体験してみてください。

関連記事