【水洗髪のススメ】毎日シャンプーは薄毛の原因になるって本当?

【水洗髪のススメ】毎日シャンプーは薄毛の原因になるって本当?

毎日の生活習慣の一つとして、シャンプーで頭皮を洗っている方がほとんどかと思いますが、実はそのケア方法は薄毛を招いてしまう可能性があることはご存知でしょうか?具体的な理由についてチェックしていきたいと思います!

毎日シャンプーが薄毛になりやすい理由とは?

普段お風呂場で当たり前のように行っているシャンプーによる頭皮ケア。なぜシャンプーを毎日行ってしまうと薄毛になりやすいのでしょうか?

1.【皮脂量が増える】シャンプーにより皮脂を洗い落としてしまうと皮脂が不足し、新たに大量の皮脂を作って補おうとするため皮脂線が過度に発達しやすくなります。皮脂線が発達することで髪の毛に供給されるはずの栄養の多くが皮脂線に流れてしまい、髪の毛は栄養不足の状態に陥るそうです。その結果、短いうぶ毛のような毛ばかり生えてしまうため薄毛・抜け毛の原因になると言われています。

2.【頭皮のバリア機能の低下】頭皮には外部からの異物の侵入を食い止め、皮膚内部の水分量の蒸発を防ぐバリア機能があると言われています。しかし、市販のほとんどのシャンプーに強力な洗浄効果を持つ界面活性剤が配合されているためバリア機能を形成している角質細胞内の天然保湿因子・油溶性の細胞間資質を溶かしバリアを破壊するそうです。その結果、頭皮は砂漠のように乾燥し、新しい細胞が生まれにくくなります。

<POINT>
どうしてもベタつき・においが気になる場合はシャンプーではなく、純石鹸を使用することをおすすめします。純石鹸は化学物質を一切含んでいないため細胞毒性は少なく、合成洗剤のシャンプーよりも安全であると言われています。また、純石鹸はアルカリ性ですが、洗面器1杯分のぬるま湯に小さじ2杯分のクエン酸をよく混ぜ、リンスとして使用することで中和できます。指通りもよく、滑らかな仕上がりになるそうです。

脱シャンプー!水洗髪の正しいやり方について

健康的な頭皮・髪質へ改善するにはシャンプーの使用頻度を減らし、最終的には毎日水洗髪に切り替えることをお勧めします。始めたばかりの頃はどうしても頭皮がベタついたり、においが気になりやすいのでできれば夏や梅雨以外の時期にスタートする方が良いでしょう。

<水洗髪のやり方>
【適切な温度について】人間の体内温度は平均36〜37度ですが、皮膚表面の温度はそれよりも1〜2度低い34〜35度前後と言われています。皮脂はこの温度で液状のまま分泌されるので34〜35度のぬるま湯であれば十分綺麗に洗い流せるそうです。あまり高い温度で洗髪してしまうと細胞間脂質を溶かし、髪・頭皮が乾燥しやすくなるので注意しましょう。

【指使いについて】指の腹を使いながら豆腐の表面を優しく撫でるように丁寧に洗いましょう。力を過度に入れすぎたり爪を立てないように気をつけてください。

【乾かし方】ドライヤーは髪・頭皮を傷める原因にもなりやすいです。洗髪後は出来るだけタオルで水分を押さえドライヤーを行う時間を短縮させるようにしましょう。温風・冷風交互に当てながらショートヘアの方は1分以内、ロングヘアーの女性は5分以内を目安に切り上げると良いそうです。

シャンプーをやめることでシャンプー・リンスに費やしてきたお金や時間もかからなくなり、浴室もボトルが消えてすっきり!まさにいいことずくめな脱・シャンプーライフをこの機会にあなたも是非挑戦してみませんか?

関連記事