「足裏」を鍛えないと、下半身太りやむくみに繋がるってホント?

「足裏」を鍛えないと、下半身太りやむくみに繋がるってホント?

あまり注目されることのない「足裏」ですが、足裏の筋肉が衰えると、下半身太りやむくみなどを引き起こすことがあるとされる程、重要なパーツなんです! 足裏の筋肉の重要性や衰えてしまう原因、鍛え方についてチェックしましょう。

「足裏」を鍛えないと太るってどういうこと?!

あまり意識することのない「足裏」ですが、足の裏にも「足底筋群(そくていきんぐん)」という様々な筋肉があります。実は、この足裏の筋肉が、下半身太りやむくみなどと深い関係があるんです!

足底筋群は、全身を支えるクッションになる「足裏アーチ」と呼ばれるものを保っています。正常な場合、土踏まずの部分が緩やかな曲線を描いています。

このアーチが崩れ、足裏が平らになった状態を「偏平足」と言いますが、偏平足になると、衝撃を吸収するクッション機能が失われるので、
・歩いた時に疲れやすい
・姿勢が悪くなり身体が歪む
・O脚やX脚などで脚のラインが悪くなる
・足首が太くなる
・余計な場所にお肉がつく
と、様々な悪影響があると言われています。

また、足裏の筋肉は「第3の心臓」とも言われるので、この筋肉が衰えることで血液が下半身に滞り、むくみや代謝が落ちる原因にも。

「足裏」の筋肉が衰える原因には、運動不足の他、合わない靴を履いていること(特に高いヒールや窮屈な靴)・体重が重すぎる、などの理由があります。

簡単に出来る!「足裏」の筋肉の鍛え方とは?

【エクササイズ1】
(1)背筋を伸ばした状態で、両足を伸ばして床に座る
(2)「グー・パー」と交互に、足の指を握ったり開いたりする
(3)この動きを数回繰り返す

【エクササイズ2】
(1)椅子に座り、床に敷いたタオルの上に片足を乗せる
(2)かかとを床につけた状態で、足の指5本を使ってタオルを掴み、床から持ち上げる
(3)足指でタオルを持ち上げたまま、3秒キープ
(4)足の指を思い切り開いて、タオルを離す
(5)左右交互に10回程繰り返す

【エクササイズ3】
ゴルフボールを床に置き、足裏で転がしながらマッサージをしましょう。足裏の筋肉を刺激出来るだけでなく、老廃物の排出も促すことが出来るでしょう。

下半身太りやむくみなど、様々な悪影響を引き起こす「足裏」の筋肉の衰え。意識的に動かしてあげることで、脚やせや美脚に効果的ですよ!

関連記事