体のリセットボタンはここ!「ながら」で出来る耳引っ張りリラックス

体のリセットボタンはここ!「ながら」で出来る耳引っ張りリラックス

耳にはたくさんのツボがあり、頭の中の真ん中にある蝶形骨と繋がっているので引っ張ることによってほどよく刺激され、リラックスできて快眠できるんだそう。引っ張るだけで良いので「ながら」でも出来るリラックス法ですね。

「ながら」で出来る耳ひっぱりリラックス法とは

普段パソコンやスマホによって目や肩が疲れている…、背中、腰の痛み、骨盤のゆがみ、姿勢の崩れが気になってきた…、そんな人に試して欲しいのが「耳引っ張り」です。

私たちの頭の真ん中にある「蝶形骨」は、両側を「側頭骨」という骨に挟まれており、その「側頭骨」にくっついているのが耳です。耳を引っ張ることで「側頭骨」とぎゅっと縮こまってしまった「蝶形骨」との間に正しい空間ができて「蝶形骨」のゆがみが取れると言われています。

「蝶形骨」には神経や血管がたくさん通っているので、目の酷使やストレスなどで神経の働きが悪くなると疲れやすくなるため、定期的に「蝶形骨」を元の形に治してあげるのが重要なんだとか。神経のつまりが取れると疲れも取れリラックスできたり目や肩の疲れ、姿勢の歪みの改善に期待できたりするんだそう。

気付いたときに耳を引っ張るだけで良いので、「ながら」で出来るのも耳引っ張りの魅力の一つでしょう。寝る前などに行うと快眠できそうですね。

リラックス!耳引っ張りのやり方

【耳引っ張りの前に姿勢】
1. 背筋を伸ばす
2. ゆっくり自然な呼吸をする
3. 視線は真っ直ぐ遠くを見る

【耳引っ張りの方法】
使う指は「中指」と「親指」です。
両手で左右それぞれの耳をつまみます。
このとき中指は耳のくぼみの中、親指は耳の後ろ側の付け根をつまむんでいる状態です。そのまま「斜め後ろ」に2〜3mmひっぱり10秒間キープします。

【感想】
耳を引っ張る前に頭をまっすぐにし目をぐるぐる回してみたところ、ぎこちなくでしか目が回りませんでしたが、耳引っ張りをしてから目を回すとスムーズに回せました。視界の違いなどはわかりませんでした。肩のコリの効果も続けないととれないようです。効果は人それぞれですが、気付いたときに引っ張るだけで良いので気軽に試せて良いですね。

参考:藤本靖(2013)『1日1分であらゆる疲れがとれる耳ひっぱり』飛鳥新社
関連キーワード

関連記事