「敏感肌」でも大丈夫!秋冬こそ気を抜かずに紫外線対策を!

「敏感肌」でも大丈夫!秋冬こそ気を抜かずに紫外線対策を!

紫外線は夏だけでなく、1年中降り注いでいます。紫外線対策をしっかりしておかないと将来シミやシワへとつながりやすいのですが、敏感肌だと日焼止めをあまり使いたくないという方が多いのではないでしょうか。そこで敏感肌向けの紫外線対策をご紹介します!

日焼け止めをあまり使いたくない敏感肌の方には…

敏感肌の方が強い日焼け止めを塗ると、肌が乾燥したり、赤くなったり、ヒリヒリしやすくなったりしてしまいがち。敏感肌で悩んでいる方は、できれば日焼け止めを使いたくない!と思っているのではないのでしょうか。

ですが日焼け止めを使わずに紫外線を浴びれば、肌にあらゆるダメージを与えてしまいます。そこで肌のうるおいをキープしながら紫外線対策する方法を見ていきましょう。

敏感肌に最適な日焼け止めの選び方、使い方とは?

秋も冬も降り注ぐ紫外線。日傘や帽子、露出の少ない服装で紫外線対策をするのもいいですが、日中の紫外線量が多い時間はなるべく日焼け止めを活用してあげましょう。

敏感肌向けの日焼け止めの選び方は、紫外線吸収剤を使用していない・SPF値が低い・石鹸で落とせる日焼け止めが基本です。
紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めは、ノンケミカルとも呼ばれており、紫外線を吸収せずに肌の上で散乱・反射させることで紫外線から防御します。紫外線吸収剤よりも肌に優しいので、敏感肌の方におすすめですよ。

また、しっかり紫外線対策をしたいからといって、SPF値が高い日焼け止めを使ってしまうとかえって肌への負担になってしまう可能性があります。SPF値が低いものの方が肌への負担が少ないので、面倒なようでも1〜2時間おきに塗り直しましょう。

そして、敏感肌には落としやすい日焼け止めを使うこともポイントです。日焼け止めをオフするのにクレンジングを使うものだと、肌に必要な皮脂やうるおいまで流れてしまい、敏感肌を悪化させてしまうことも。石鹸で落とせる日焼け止めや専用のクレンジング不要のものを選ぶといいでしょう。

日焼け止めを塗る前には、乾燥しやすい肌を守るために、化粧水や乳液で念入りな保湿ケアをしておくことも欠かせません。保湿ケアをしてから数分待ってしっかり馴染んだのを確認してから、日焼け止めをムラなく伸ばしていきましょう。

敏感肌さんに合った日焼け止めで紫外線対策をしていこう

日焼け止めは朝塗れば夜までそのままでいい!というわけではありません。皮脂や汗で日焼け止めの効果が薄れてしまうので、日焼け止め効果があるルースパウダーやファンデーションなどを使ってこまめにお直しをしてあげてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事