【乾燥しやすい秋におすすめ】白湯スパイスの作り方について!

【乾燥しやすい秋におすすめ】白湯スパイスの作り方について!

ここ数年、体質改善のために白湯を飲む習慣が流行していますが、スマホなどの電子機器によるストレス・自律神経の乱れに悩まされている現代人の場合、白湯だけではすぐに効果を感じられない方が増えているそう。そんな時におすすめなのがスパイス白湯です!

【スパイス白湯】基本の作り方について

スパイス白湯の基本の作り方についてご紹介します。スパイス白湯の白湯は、例えるならば「救急箱」のような飲み物のため、普通の白湯に比べると冷え性や乾燥肌といった健康・美容トラブルを短期間で改善させる効果に期待できます。そのため長期的に続けなければいけないというわけではなく、少しずつ体調が楽になってきたら白湯を日々の習慣として取り入れていくのが理想的であると言われています。

<材料>
・スパイス 各種
・90度以上のお湯 100〜150cc

<作り方>
1. マグカップにお好みのスパイスを入れます。
2. 90度以上に沸かしたお湯を100〜150cc程、1に注ぎましょう。
3. スプーンでしっかりかき混ぜて完成です!

<POINT>
胃腸が弱い方の場合、ごく少量ずつ味見をしながら飲んでみてください。また、投薬中の際は摂るのを控えるべきスパイスもありますので事前に医師に相談するようにしましょう。

【スパイス白湯】乾燥しやすい秋におすすめのレシピについて

薬膳の考えによると秋の主な気候は、乾燥の「燥」と言われており、秋は夏に蓄積されたダメージが胃腸〜呼吸器系に最も現れやすい季節であると言われています。「燥」が進んでしまうと潤いを保つ粘膜が乾燥するため、臓器だけでなく肌や髪・爪など全身に影響を及ぼす可能性も…!スパイス白湯を有効活用し、冬に備えて燥を賢く予防していきましょう。

<乾燥肌におすすめのブレンド方法>
クコの実 10〜15粒程度
【POINT】クコの実にはお肌に潤いを与えるビタミン・ミネラルがたっぷり含まれているそうです。

<風邪・呼吸器系トラブルにおすすめのブレンド方法>
生姜+陳皮+七味(※1種類あたり2gが上限)
【POINT】身体を温め、喉と肺の粘膜を保護する作用があると言われています。

<胃腸トラブルにおすすめのブレンド方法>
クミン+コリアンダー+ブラックペッパー(※1種類あたり2gが上限)
【POINT】冷え性でお腹の緩い方におすすめです。朝一番に飲むことで全身の血液が巡り、やる気スイッチをONする作用にも期待できます!

薬膳の知恵から生まれたスパイス白湯!あなたも是非この機会にスパイス白湯で不調知らずの肌・身体を手に入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事