【睡眠美容術】お昼寝をする3つのメリットとは?やり方について

【睡眠美容術】お昼寝をする3つのメリットとは?やり方について

仕事の作業効率をUPするために「お昼寝TIME」を導入している企業も増えていると言われていますが、昼寝には脳の疲れを癒して集中力を高めるだけでなく、女性に嬉しい美容効果にも期待できることをご存知でしょうか?

【睡眠美容術】お昼寝をする3つのメリットとは?

お昼寝は日頃の睡眠不足を「短時間で解消できる」唯一の方法で、体内時計を乱すことなく蓄積した寝不足を返済できる強い味方であると言われています。
欧米ではお昼寝のことをパワーナップと呼ばれており、脳と身体にパワーを与えるビジネススキルとして日本にもその文化が少しずつ定着しているようですが、仕事面における質の向上以外には一体どのようなメリットがあるのでしょうか?一つずつチェックしていきたいと思います。

1.【美肌効果】
私たち人間は睡眠中、美肌には欠かせないコラーゲンやケラチンを生成する成長ホルモンが分泌されていると言われています。そのため、お昼寝を日々習慣化することで睡眠不足を解消し、ハリ・弾力のある肌をつくり上げる効果に期待できます。

2.【ダイエット効果】
メリハリのある美しい身体へシェイプアップすべく、ダイエットの一環としてジムに通っている女性も多いと思いますが、実は筋肉はただ単に鍛えるだけではつかないと言われています。筋肉は睡眠と大きな関係性があり、睡眠中に分泌された成長ホルモンにより日中ダメージを受けた筋肉を修復し、徐々に大きくなっていくそうです。日頃睡眠不足がちな方は良質なタンパク質を摂取し、お昼寝によって賢く筋肉をつけていきましょう。

3.【脳や精神的な疲れを癒す効果】
お昼寝には疲れ始めた脳をクールダウンさせる効果に期待できます。眠気を除去することで適切な判断を下すことができ、心理的負担も減ると言われています。

<POINT>
4時間睡眠が1週間続いてしまうと、1日分徹夜した時と同じくらいまで認知機能が落ちてしまうと言われています。お昼寝を習慣化する場合も夜は出来るだけ早めに就寝し、最低でも6〜7時間以上は睡眠時間を確保するよう心がけましょう。

【睡眠美容術】お昼寝の正しいやり方について

お昼寝の正しいやり方についてご紹介します。お昼寝を行う際は夜の睡眠の質を下げないためにも、午後15時までには済ませるよう注意して下さい。

1.【長くて20分間】
昼間に長時間寝てしまうと睡眠慣性(※頭がぼーっとするなどの症状)が生じ、午後からの作業に影響を及ぼす可能性があると言われています。お昼寝をする際は、15〜20分以内に起床するよう心がけましょう。

2.【昼寝前にカフェインを摂取する】
コーヒーやお茶に含まれるカフェインは摂取後30分程で覚醒効果が現れ始め、その後も4〜5時間程その効果が持続すると言われています。食後に一口コーヒーもしくはお茶を飲んでおくとちょうどお昼寝から目が覚めるタイミングでカフェインの作用が効き始めるので、午後からの作業もより効率よく進められるでしょう。

いかがでしたか?この機会にお昼寝を習慣化し、美容〜お仕事の生産性も賢くUPさせていきましょう!

関連記事