顔の歪みを作りやすいNG習慣とは!? おすすめの顎トレーニング方法

顔の歪みを作りやすいNG習慣とは!? おすすめの顎トレーニング方法

スキンケアを行う際、鏡をじっくり見ていると「私の顔ってこんなに歪んでいたかしら?」と感じた経験はありませんか?歪みを解消し、バランスの整った顔立ちに近づけるには「顎周り」を鍛えることが大切であると言われています。

顔の歪みを作りやすいNG習慣について

顔バランスがもともと左右対称である女性は少ないと言われていますが、実はちょっとした日々の習慣により顔の歪みを更に悪化させている場合も…!顔の歪みを作りやすいNG習慣についてご紹介します。

1.【頬杖】頬杖は顔周りの骨に圧力をかけてしまうため、「癖」として習慣化してしまうと骨格が徐々にずれてしまい、顔バランスが左右非対称になりやすいです。

2.【足を組んで座る】足を組むなど、左右非対称の体勢をとっていると骨格がバランスを取ろうとして腰や肩が徐々に歪んでくると言われています。もし、足を組む癖がどうしてもやめられない場合は、片方ばかりではなく左右交互に組み換えるなどの工夫を行うようにしましょう。

3.【食事の際片方ばかりで噛む】同じ側の歯ばかり咀嚼していると筋肉のつき方がまばらになってしまうため顔の歪みの原因になりやすいそうです。食事を行う際は左右同じ回数分噛むよう意識していきましょう。

<POINT>
左右バランス良く咀嚼を行うには、歯の健康状態をチェックすることも重要なポイントです!美容のためにも、定期的に歯科クリニックへ足を運び虫歯予防〜治療につとめるよう心がけましょう。

顔の歪みにおすすめの「顎トレーニング」のやり方

顔バランスを整えるおすすめの顎トレーニングについてご紹介します。毎日実践することが理想的ですが、まずは週に1〜2回を目安に少しずつ習慣化させていきましょう。

【顎トレーニングのやり方】
1. 口を大きく開き、顎を左右交互に6回動かします。
2. 口を大きく開け、「あー」と3回声を出しましょう。
3. 1〜2の動作をもう1度繰り返し行います。

<POINT>
顎を左右に動かす際は、しっかりと止めることが重要なポイントです。また、お腹の中から声を出すように意識しましょう。

「美は1日にしてならず!」の言葉があるように、日々正しい生活習慣(食事・体勢etc...)を実践することは何よりも大切な美活方法であると言われています。10年後、20年後の自分自身のためにも是非参考にしてみてくださいね。

関連記事