若返りの栄養素たっぷり!黒豆茶の効果・正しい煎じ方について

若返りの栄養素たっぷり!黒豆茶の効果・正しい煎じ方について

全身に酸素や栄養を届ける役割がある血管。血管がボロボロになってしまうとお肌が劣化してしまうだけでなく、心臓病・脳卒中などの命に関わる病気に繋がる場合も…!血管の老化を防ぐためにおすすめしたいのが、黒豆を煮出して作る黒豆茶です。

黒豆に期待できる効果とは?

黒豆はおせち料理の材料として有名ですが、「黒豆茶」となると初めて飲むという女性も多いのではないでしょうか?黒豆茶の魅力について迫っていきたいと思います!

【黒豆茶に期待できる効果】
1.<アンチエイジング効果>
黒豆に含まれるポリフェノールの一種「アントシアニン」は強い抗酸化作用があることから、活性酸素による細胞の攻撃を抑えて血管〜お肌の老化を予防する効果に期待できます。

2.<女性ホルモンの乱れを整える>
女性の美と健康をサポートする「イソフラボン」。実は黒豆には一般的な大豆のなんと二倍もの豊富なイソフラボンが含まれていると言われているんです!イソフラボンには、PMSや更年期障害の症状を和らげるだけでなく、閉経後の女性に増えやすい骨粗鬆症などを予防する効果にも期待できます。

3.<ダイエット効果>
黒豆の成分であるたんぱく質のグリシニン・脂質の不飽和脂肪酸やレシチン・サポニンなどのファイトケミカルには、脂肪を減らし肥満を防ぐ働きがあると言われています。

【POINT】
豆類はアミノ酸のバランスが非常に良いのですが、含硫アミノ酸(※必須アミノ酸)についてはやや不足しているそうです。ただ、お米を一緒に食べることで不足栄養素である含硫アミノ酸を補うことができると言われています。黒豆茶を飲む際は、お米に合う和を意識したレシピを取り入れていくと尚良いでしょう。

黒豆茶の正しい煎じ方について

黒豆の素晴らしいパワーをたっぷりと凝縮した「黒豆茶」の煎じ方についてチェックしていきたいと思います。

【黒豆茶の煎じ方】
1. 黒豆をさっと水洗いし、乾いた布で拭きましょう。
2. たっぷり水を張ったボウルに黒豆を入れ、一晩(※4時間以上)つけておきます。
3. 黒豆の戻し汁ごと鍋に入れ火をかけます。
4. 沸騰したら弱火にし、3時間程じっくり煮詰めていきます。黒豆が煮汁の表面に現れそうになったら差し水をするようにしましょう。
5. 温かいうちに煮汁のみ耐熱容器に移して完成です。

<POINT>
黒豆から出てくるアクには、アントシアニンをはじめとした豊富な栄養素が含まれているそうです。もし気になる場合は軽く取り除いても構いませんが、できるだけそのまま残しておくことをおすすめします。

飲むだけで様々な美容・健康効果に期待できる黒豆茶。美活の一環として普段の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
関連キーワード

関連記事