まさか昨年の臭いブーツそのまま使う気?冬を迎える前にしたい対策!

まさか昨年の臭いブーツそのまま使う気?冬を迎える前にしたい対策!

毎年、冬のシーズンに活躍するブーツは、足元のおしゃれに欠かせないアイテムのひとつですよね。ブーツにつきまとう悩みと言えばやはり「臭い」です。男性の革靴による蒸れの臭いと比較しても、女性のブーツは圧倒的です。しっかりと対策しておきましょう!

ブーツの臭いはどこから来るの?

足の臭いと聞くと、男性を思い浮かべますが、冬に限っては女性の方がその臭いが勝ることがあります。その理由の一つが冬のマストアイテム「ブーツ」です。

一日中履いていたブーツを、帰宅時に脱いだ時の衝撃は周知の通り。ブーツの臭いは男性の革靴を履いたときの臭いの、およそ5倍とも言われています。

ブーツを脱いで堂々と友達の家にあがりたい!居酒屋の座敷にあがりたい!そんな切なる願いを叶える対策方法をご紹介していきます。

ところで、ブーツが臭う原因は何なのでしょうか?

いくつかあるなかでも最も多いのが、ブーツで足にかいてしまった汗がムレて、繁殖した雑菌と混ざって異臭を放つというケースです。特にブーツの中は温度も湿度も高いので、雑菌が繁殖しやすい場所なのです。

また厄介なのが、一度ブーツの中で汗をかくと雑菌が常駐し、さらに繁殖を繰り返してしまうそうなのです。そんなブーツに毎日足を入れていたら、とても不衛生ですし、ますます臭いがきつくなってしまいます。

なんとかしたい!ブーツの臭いを消す方法とは?

足自体を清潔にしたり、ローテーションを考えて、同じブーツを毎日履かないようにするなど、まずは基本的なことを心がけましょう。

消臭スプレーなども一時的には効果を発揮しますが、なかなか根本的に雑菌を処理することは難しいようです。そこでおすすめなのが「10円玉」を使った消臭方法です。

10円玉は銅でできているのですが、この銅には殺菌作用があるため臭いの雑菌を除去できるというのです。

やり方は簡単です。まず除菌用のウェットシートなどでブーツ内をキレイに拭いたら、食器用洗剤でキレイに洗った10円玉を。片方に重ならないよう5枚並べて一晩寝かせます。あとは10円玉を取り出して、できるだけ長く天日干しして終了!気軽にできる消臭方法です。

普段ブーツを履くときは、抗菌タイプの中敷きを使用するなど工夫すると良いでしょう。昨年のブーツを使う前に、まずはしっかりと除菌対策をしておきましょう!

関連記事