ノンシリコンに騙されてる?ブームに流されないシャンプーの見つけ方

ノンシリコンに騙されてる?ブームに流されないシャンプーの見つけ方

ヘアケアにこだわる美容マニアの定番はノンシリコン。「シリコン入りは頭皮や毛穴にダメージ!」は本当?けれどノンシリコンでも界面活性剤など要注意成分も。ノンシリコンのメリット・デメリットや選び方、ドラックストアで買えるお値打ちオススメも紹介。

ノンシリコンだから安心だと思ったら・・・シリコンまがいが入ってた!

いつの頃からか「ノンシリコンシャンプーが髪にいい!」というのが定番になってきましたよね。ドラッグストアでも、通販サイトでも多くの商品が並んでいます。ですが「ノンシリコン」と書かれているシャンプーには、「ジメチコン」のようなシリコンと同じ機能を持った化学物質がたくさん入っているものも実はたくさん。

最近も有名なオーガニックヘアケアブランドが誤表示での回収リコールを公表しました。内容はシリコンフリーのはずが、実はシリコン入りというもの。
「えっ?誤表示レベル・・・?」と驚かされるようなニュースも入ってきています。

一般的には成分一覧を見て
・〜メチコン〜
・〜シラン〜
・〜シリル〜
・〜シロキサン〜

といった成分が含まれていれば、それはシリコンではなくても似た働きをするものです。ノンシリコンだと信じて使っていると、なんだか裏切られた気分ですよね。

「シリコン」が一概に悪いとは言えませんが、完全にこういった成分がないものを使いたいと思えば、本当のシリコン「無添加」を選びたいですよね。

そもそもシリコンってなに?なんで悪者扱いなの?

なぜこうもシリコンは悪く言われてしまうのでしょうか。

シリコンとは、ケイ素を元に作られる合成樹脂です。シャンプー以外にも化粧品や柔軟剤、ヘアワックスなどにも広く使われています。

髪に対しては、キューティクルを保護してサラサラの仕上がりにしたり、一時的に傷みを補修したりという役割があり、決して『無用なもの』ではありません。

ですが、シリコンの成分が髪や頭皮にベタつきのような悪影響を与えたり、すすぎ残しによってトラブルが起きてしまうリスク、環境への配慮などから「シリコン=悪者」というイメージが定着してしまいました。

ただ、シリコンが頭皮の毛穴を塞ぐという説は、科学的根拠不足で確かなものとは言いにくいのが事実。

ノンシリコンシャンプー人気の3つの理由

ノンシリコンシャンプーの根強い人気には、「流行っているから」「なんとなく髪に良さそうだから」という以上に愛される理由があります。

1、軽い洗い上がり

シリコン入りのシャンプーは、髪の表面にシリコンで膜を作ります。そのおかげで手触りや指通りがいいのですが、その分少し重たくなりがち。

その点ノンシリコンシャンプーはさらっと軽い仕上がりで、ふんわりスタイルにもぴったりの髪質になれます。

黒髪で重めスタイルが流行った頃には最適だった「しっとりまとめる系シリコンシャンプー」が今のトレンドには合わなくなってきたことは、流行の理由として大きいでしょう。

また、年齢とともにボリュームダウンしがちな髪を軽くふわっとさせることになるので、薄毛や抜け毛に悩む人にも人気です。長年のカラーリングやパーマ、アイロンなどのダメージで、若くても髪が傷み細くなってると悩んでいる人は多いですからね。

2、頭皮に残りにくい

よく聞く「シリコンは毛穴を塞ぐ」説ですが、毛穴に入り込んでもすぐに流れ出る、そもそもシリコンの大きさや形状から入り込みにくい、といった意見もあり、「マーケティングのための俗説では?」と疑問視する声も。ですがシリコンが頭皮に残りやすいのは事実で、すすぎが足りていなければ頭皮に残ったままになりベタつきや湿疹などトラブルの元になる可能性も。

その点残りにくくさっぱりと洗い上げられるノンシリコンシャンプーは、頭皮の健康を意識するユーザーに人気です。敏感肌や肌が弱くてかぶれやすい、アレルギーがある人はトラブルリスクのより少ないノンシリコンシャンプーやオーガニックに安全性を求めています。

またシリコンで膜を作らないので、頭皮に良い成分もしっかり浸透させることができます。

3、環境に優しい

シリコンシャンプーをしてすすいだ水には、当然シリコン成分が混ざっています。排水は下水処理場で微生物に分解されて河川に戻っていきますが、シリコンは分解されないまま。すなわちそのまま地球に戻されていくのです。シャンプーするたびに環境を汚染してしまっているという仕組み。

オーガニックやナチュラル派コスメに興味のある人は環境にも配慮したアイテムをチョイスする傾向が強いため、ノンシリコンが定着しているとも言えますね。

ノンシリコンのデメリット

ノンシリコンシャンプーには大きなメリットもありますが、デメリットがないわけではありません。ぴったりのシャンプー選びのために、自分の髪の状態も理解した上で
メリットもデメリットもしっかり知っておきましょう。

1、きしみやすい

シリコンシャンプーのように髪の毛一本一本をコーティングする成分が入っていないため、洗った後や乾かした後にきしみやすくなります。そのため、ヘアオイルやアウトバストリートメントなどをつけてから乾かすなど、工夫が必要です。

ですがシャンプーそのものの洗浄成分の質が良ければ、そこまできしむことはあまりありません。成分表記を見て石油系界面活性剤である「〜硫酸」「スルホン酸〜」といった成分が入っているものは髪の負担が大きいので要注意。

2、カラーリングが抜けやすい

ノンシリコンシャンプーを使っている髪は、シリコンの膜が髪をコーティングしていないため、カラーが入りやすいというメリットがあります。反面、髪のバリアを作ることができないため、カラーが落ちやすいというデメリットも。

さらに、「ノンシリコン」という言葉に惹かれて品質の悪い洗浄成分を配合したシャンプーを使うと、その強い洗浄力で驚くほどカラーが抜けてしまう可能性もあります。頻繁にカラーリングをする人は注意が必要ですね。

3、ダメージの強い髪にはおすすめできないことも

今まで「シリコン」でコーティングしてダメージから守られていた髪がすっぴんの状態になるわけですから、髪同士の摩擦でキューティクルがはがれやすくなるのでダメージアップしてしまう可能性も。もともと枝毛や切れ毛などが多いダメージヘアには
いきなり「ノンシリコンシャンプーにしましょう!」とはオススメできません。

また、ヒートコーティングもないため、ドライヤーやヘアアイロンの熱によって髪は傷みやすくなります。熱から髪を守る作用のあるトリートメントなどを使わないと、髪が火傷してしまうようなものです。

ノンシリコンシャンプーはコンディショナーも一緒がいい?

シャンプーをノンシリコンにするなら、コンディショナーやトリートメントもノンシリコンにするべきでしょうか?確かに、徹底してシリコンを使いたくない場合やアレルギーがある場合は全てノンシリコンで揃えるのもひとつ。

ただし、トリートメントなどはシャンプーと違って地肌に直接つけるものではありません。特にロングの人は根元までは付着しないので、シリコンインであっても頭皮に与えるダメージはシャンプーほど大きくないでしょう。

またコンディショナーは髪をコーティングして手触りやツヤをアップすることが目的なので、ノンシリコンであればそれに代わる「何か」が配合されているということ。ノンシリコンを盲信するのは危険です。

ドラッグストアで買えるおすすめシャンプー3つ

ノンシリコンのデメリットといえば、値段が市販のシャンプーより高めなことも挙げられます。先に紹介したものも、ドラッグストアで買えるものよりはお高め。ではもっと気軽に試せるお値段の、ドラッグストアやスーパーでも買えるノンシリコンシャンプーはどうでしょうか。

市販品には安価で強すぎる洗浄力のものもありますが、

・「ティモテ」…リーズナブルなのにオーガニック認証の保湿成分配合で、きめ細かい泡で洗い上がりもなめらか。コスパも抜群。
・「いち髪」…アミノ酸系の洗浄力でマイルドな洗い上がり。
・「ラックス」…ボタニカル成分や天然エッセンシャルオイルにもこだわる、合成着色料&パラベンフリー。

と、優秀アイテムも。使い続けられる価格も、いいシャンプーを選ぶ条件のひとつです。



結局は、自分の頭皮や髪質にあうかどうか

オススメはあくまで「安心の成分で、使用した人の評価が高い」ということ。髪質や頭皮の状態、肌質によって良し悪しは人それぞれです。極端なことを言えば、もし安価で品質の悪いシャンプーであっても、あなたの髪が健康で美しいのであれば問題はありませんよね。

口コミは鵜呑みにせず、自分にぴったりのシャンプー選びが大切。

ノンシリコンシャンプーは万能じゃない

すっかり悪者にされてしまっているシリコンですが、悪いことばかりではありません。髪質によってはシリコンのコーティングでさらなるダメージから守ることもできますし、髪にツヤを出してくれる存在。

一見肌にやさしく完璧そうなノンシリコンにもデメリットはありますし、よく成分をチェックしないとシリコンシャンプーよりずっと問題があるものも出回っています。どちらが良いということではなく、好みや悩みによって使い分けるといいでしょう。

「ノンシリコンならなんでもいい」「ノンシリコンさえ使えば大丈夫」と思わず、慎重に選んだ上で、丁寧に乾かしたりブラッシングしたりというヘアケアを欠かさないようにして、なりたい髪を手に入れましょう!


関連記事