バスタイムを活用!バスタブで行う簡単ストレッチで「くびれ」作り

バスタイムを活用!バスタブで行う簡単ストレッチで「くびれ」作り

冷え込む季節になってきましたね。そんな時にオススメなのが、バスタイムを活用したストレッチです。入浴中は、筋肉が伸びやすく、より効果を得ることが出来るんです。バスタブで行うストレッチで、「くびれ」作りにチャレンジしてみましょう!

バスタブでくびれストレッチ!入浴中に行うメリットって?

寒い季節になると、冷えた身体を温める為にも、ゆっくり湯船に浸かるという人が増えると思います。バスタイムにストレッチを行うことには、様々なメリットがあり、よりダイエット効果を得られやすいと言われています。ただ普通に入浴するなんて、もったいないんですよ!

入浴中にストレッチを行うことには、以下のようなメリットが期待できます。
■血流が良くなるので、代謝が上がる
■老廃物を効率良く排出出来る
■自律神経の乱れが整う
■お湯の水圧が適度な負荷になり、インナーマッスルを鍛えることが出来る
■身体が硬くても、比較的無理なく行える
■リラックス効果がある など

忙しくて運動する時間がなかなか取れないという方でも、バスタイムを利用することで、効率良く効果を得ることが出来るでしょう。

バスタイムの「くびれ」作りのポイントと注意点とは

キュッと引き締まった「くびれ」は、ただ痩せるだけでも、普通の腹筋運動をするだけでも作ることが出来ません!
くびれ作りに必要となるのが、お腹の横にある「腹斜筋」を鍛えてあげることです。そこで有効になるのが、「ひねる」という動作を加えたストレッチなんです。

【やり方】
(1)湯船に浸かったまま、膝を曲げて座る。
背筋は伸ばし、お尻と足裏はバスタブの底にしっかりつける。
(2)ゆっくり息を吸いながらお腹を凹ませる。
(3)ゆっくりと息を吐きながら、腰から上を90度ひねり、両手をバスタブ内の左面にタッチする。
※顔も一緒に左側を向き、ねじりを深めましょう。
(4)息を吸いながらゆっくりと正面を向き、お腹を緩める。
(5)同じ要領で、今度は右側に腰から上をひねる。
(6)1~4をセットとし、体調に合わせて1~3セット程行う。

【注意点】
■無理して行わず、体調に異変を感じたらすぐに中断してください。
■水分補給はしっかり行う。
■のぼせないように注意する。
■湯船の温度は37度程度にし、お湯の高さは胸より下になるように。
■動きには勢いをつけず、しっかり呼吸をする。

ダイエット効果を得られやすい入浴中のストレッチ。のんびり過ごすバスタイムも良いですが、元気がある時は、「くびれ」を目指してストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事