自宅でエステを今日から実践!ハリツヤビューティになる!

自宅でエステを今日から実践!ハリツヤビューティになる!

メイクやファッションをキメても、美しさは内側からかもし出されるというもの。街のあちこちにエステサロンはあるがそれなりに費用もかかり、普通の人にとってそうそう通えるものではない。となれば、自宅エステはどうだろう。ボディケアは自分ひとりでも実践できる。セルフボディケアのアプローチを紹介しよう。

基本のボディケアはお風呂上がりからスタート

毎日、お風呂上りに体の保湿ケアはしているが、なんだか不満…そう感じている人は意外に多い。フェイスケアと同じで、ボディもお風呂上りになんとなくボディローションを塗るだけではあまり効果は期待できない。そもそもボディローションとは、体の表面に残っている水分を油分で覆うのが主な役割。しかし、年齢を重ねていけば体の水分は少なくなり、保護するだけでは足らなくなる。

最初のステップとして、お風呂から出たらすぐにボディオイルを塗ること。オイルは浸透力が高いので、マッサージをするように肌に塗り込んでいこう。きっとみるみる肌が柔らかくなっていくはず。その後でボディローションでしっかりと水分を補う。オイルを塗った後の肌は、ローションも浸透しやすい。ボディローションは無油分のものがほとんどなので、仕上げとして油分を含んだボディクリームでしっかりと保護すること。

年齢がでやすいデコルテのお手入れはしっかり念入りに

次のステップは仕上げのマッサージ。とくに首から胸元にかけてのデコルテラインは見られがちなポイントなので、ていねいにおこなおう。まずはマッサージクリームを首の後ろから前にかけて優しく伸ばし、まんべんなく塗り終えたら人差し指と中指で鎖骨のラインをスライドさせる。とくに鎖骨の付け根はしっかりと力を入れて。そして顔をあげて4本の指で首元の下から上に10回ほど繰り返す。最後は耳の後ろから首の付け根に向かって流す。イメージとしては、鎖骨の方に老廃物を押し流すという感じで。

爪切りはNG!ツメのお手入れの大原則はヤスリ

ネイルケアも忘れずにおこないたい。といってもネイルの塗り方ではなく、手先のケアの基本であるツメ。ツメ切りは使わずに専用のヤスリを利用しよう。バチンっと切ると余計な負担がかかり、二枚ツメになったり、割れてしまう原因になるなど、なにかとトラブルの元。また、切り口もギザギザに。美しい指先のために、ツメ切りの使用はご法度だ。爪ヤスリ自体はたいていのドラッグストアにあるし、ツメ専用の電動ヤスリも家電量販店などで2,000~3,000円程度で手に入る。

毎日のトータルボディケアで差が出る

しかしこのようなケアも三日坊主では、その時だけであまり効果は期待できない。日々の積み重ねでこそ効果を実感できるはず。自身を変えるつもりでトータルボディケアを習慣付けよう。お風呂から出てすぐ手に取れる場所にオイルやローション、クリームなどを置いておくのもいい。また、ふだん生活していて乾燥しているなと思ったら、すぐに対策できるように、家のあらゆる場所に保湿クリームなどを置いておくのもひとつの手。

人は見た目で印象が決まるもの。ファッションやメイクだけでなく、肌質、髪質、手足の先から色々な情報を総合してその人の印象が決まってしまう。夏が終わり、秋を迎え、そして冬がやってくる。季節の変わり目は肌も敏感。徹底した保湿と自身をいたわるボディケアですこやかハツラツな自分を手に入れよう。

執筆者:スパ妃

関連記事