電子ケトルだとパワーダウン!?白湯の正しい作り方&お腹すっきりアレンジ

電子ケトルだとパワーダウン!?白湯の正しい作り方&お腹すっきりアレンジ

冷え性ケアの飲み物として定番になりつつある「白湯」。コスパも良く手軽に始められることから、冬の美容法として取り入れている方も多いのではないでしょうか。しかし、"白湯=ぬるま湯"と勘違いし、電気ケトルや電子レンジで作っている方はもったいない! 白湯はコンロで作ってこそ、そのパワーを存分に引き出すことができるのです。今回は白湯の正しい作り方と、便秘解消にオススメのちょい足しアレンジをご紹介します♪

誤った作り方では「ぬるま湯」同然!?

「白湯」とは、元来"アーユルヴェーダ"というインドの伝統医学の中で親しまれていた飲み物。「火・水・風」という3つの要素を掛け合わせた白湯を飲むことで、バランスの良い身体と心を保つという予防医学のひとつです。

コンロの「火」、ミネラルウォーターの「水」、外気の「風」という3つの要素を取り入れた白湯には、内臓を温めるだけでなく浄化し、働きを活性化させる効果も期待できるといわれています。しかし、電子レンジや電子ケトルは電気で温めるため「火」のパワーがなく、外気に触れることもないので「風」のパワーもありません。作り方を誤ってそのパワーが減ってしまうなんてもったいないですよね。

白湯の正しい作り方をマスター♪

正しい白湯の作り方はとっても簡単!

1. 小鍋に水(800ml)を注ぎ強火にかけます。

鍋の種類はどんなものでもOKですが、特に南部鉄器やホーロー製は塩素除去作用や殺菌作用が高くオススメ!

2. 沸騰したら火を弱め、湯気を出しながらふつふつした状態で15分加熱。この時、換気扇を回して風通しをよくしましょう。
3. 水の量が半量程度になったら火を止め、5分程冷ませば完成です♪

ちょい足しオイルでさらに温め&便秘解消♪

正しい作り方をマスターしたら、アレンジを加えてよりパワーアップした白湯を楽しむのも◎! オススメは、仕上げにオリーブオイルを小さじ1/2〜1杯程度加えること。オリーブオイルは腸内で便のすべりを良くするため、便秘解消効果も期待できます。さらに、オイルを加えることで白湯の表面に膜ができ、冷めにくくなるのも魅力のひとつ。温かいままゆっくりと白湯を楽しめます♪

甘い味わいがお好みの方は、オリーブオイルの代わりにココナッツオイルでもOK! 香りが増して満足感もUPし、リラックスしたひと時を過ごすことができますよ♪

正しい方法で作った白湯は、まろやかな口当たりとほんのり感じる甘みが特徴的。これまであまり白湯を美味しいと感じられなかった方も、ぜひ正しい作り方をマスターして、美味しく冷え性と便秘ケアを実践してみてくださいね。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事