白色ワセリンを使ったケアで、唇の荒れや皮むけをすぐに解決!

白色ワセリンを使ったケアで、唇の荒れや皮むけをすぐに解決!

唇が荒れていると、口紅やグロスをつけても皮がめくれたり、ピリピリと刺激を感じたりしてしまいがち。特に冬になると空気が乾燥して唇の水分量が低下してしまうため、唇が荒れやすくなってしまいます。そこでおすすめなのが白色ワセリンです!

唇の荒れは白色ワセリンを使ったケアがおすすめ!

唇はとても薄くてデリケートなので、口紅やグロスなどの成分、クレンジングの摩擦、空気乾燥などで荒れやすい状態になってしまいがち。唇が荒れているときに、過度なケアをすると余計に悪化してしまいます。

元々唇は、新陳代謝が3~5日で行われるので、白色ワセリンを使った正しいケアをすれば、比較的すぐに唇の荒れを改善できると言われていますよ。

唇の荒れ対策に白色ワセリンがいい理由・やり方って?

唇が荒れていると、即効性を求めるために市販のリップクリームやスクラブなどでケアをする方が多いのではないでしょうか?市販のリップクリームは、唇の荒れを治療するわけではなく、日々の乾燥や荒れを予防するために使うものなので、唇が荒れているときに使うと悪化してしまう可能性があります。

かといって何もせずに荒れた唇を放置しておくのも辛いところ…。そこでおすすめなのが白色ワセリンです。そもそもワセリンは、外部刺激から皮膚を守り、水分の蒸発を防ぎつつ、バリア機能をサポートしてくれます。病院などでも使われることが多く、唇が荒れているときにおすすめですよ。ワセリンには色々な種類がありますが、ドラッグストアなどで売られている精製度が高い白色ワセリンを選びましょう。

白色ワセリンを荒れた唇にただ塗るのではなく、ラップパックをすると効果的です。まず、唇を清潔な状態にしてワセリンをたっぷり塗り込みます。唇を触りすぎないように気をつけ、優しくワセリンを馴染ませましょう。唇の大きさにカットしたラップで唇全体を覆い、蒸しタオルをのせて5分放置してから、ベタついた余分なワセリンを蒸しタオルで優しく拭き取ればOKです。時間がない日には、蒸しタオルではなく湯船に浸かりながらワセリンパックをするだけでも血行が促進されるでしょう。

荒れた唇には白色ワセリンを使ったシンプルなケアを!

荒れているときはなるべくリップメイクを避けて、ワセリンを塗っておきましょう。紫外線が気になるときには、マスクをつけて外出することをおすすめします。白色ワセリンは唇だけでなくあらゆる場面で使えるので、ひとつ手に入れておくといいかもしれませんね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事