くすんだ唇をぷるぷるのピンク色に!今すぐできる簡単リップケア

くすんだ唇をぷるぷるのピンク色に!今すぐできる簡単リップケア

どんなにいい口紅やグロスを買っても、唇の色がくすんでいると綺麗に発色させることができませんよね。唇のくすみにはあらゆる原因がありますが、毎日のリップケアで次第に健康的なピンク色に近づくことができますよ。

唇のケアをしっかりすればくすみは改善できる?

唇がくすみんでいると口紅の色が引き立たずに、すっぴんになったときには顔色が悪く見えてしまいがち。健康的なピンク色の唇は、ナチュラルメイクでも映えますよね。

元々唇はとても薄いため、血行が悪く、酸素がうまく行き渡らないとくすんで見えてしまうと言われています。それだけでなく、紫外線、乾燥、タバコによるビタミンC不足、クレンジングの摩擦、リップメイクが残っている…といったことが唇のくすみの原因になってしまうのです。ですが、毎日のリップケアを続けていけば、憧れのピンク色の唇は夢ではありません!

憧れのピンク色唇になるための簡単リップケア

リップメイクを落とすとき、唇に専用のリムーバーを使用していますか?最近はティントリップやマットリップなどの落ちにくいリップアイテムが人気を集めていますが、専用のリムーバーを使ってオフしないとしっかり落としきれずに、唇に口紅の色素が残り、色素沈着やくすみにつながってしまいます。

かといって、リップメイクを完全に落とすためにゴシゴシ擦ったり、洗浄力が強いクレンジングを使うと皮膚が薄い唇に負担をかけてしまうため、クレンジングの際は注意が必要です。一度コットンに水を含ませて軽く絞っておき、専用のリムーバーをコットンにつけて指に巻きつけたら、端から中央に向かって滑らせていきましょう。内側にも色素がついている場合があるため、忘れずにオフしてくださいね。

リップメイクを落としたら、唇用のスクラブで角質ケアを行います。そして、蜂蜜とワセリンを混ぜたものを唇に塗り込み、ラップをして蒸しタオルを当てて5分放置しておきましょう。ラップを剥がしたら、小さな円を描くように唇のマッサージをしてお手入れ完了です。

日中はUVカット効果があるリップを塗って唇の紫外線対策を!

唇は意外にも紫外線が当たりやすい部分なので、くすみを防ぐためにも紫外線カット力のあるリップクリームや下地を塗ってから口紅やグロスを使うといいでしょう。
紫外線ダメージは徐々に蓄積されていくため、唇の紫外線対策も毎日欠かさずに行ってくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事