キャサリン妃のマタニティスタイル3大ルール【産後ダイエットの秘密もスクープ♡】

キャサリン妃のマタニティスタイル3大ルール【産後ダイエットの秘密もスクープ♡】

海外セレブウォッチャー・さかいもゆるが、ハリウッドの最新ゴシップを今月もパトロール!

キャサリン妃的マタニティスタイル3大ルール

RULE 1:華やかカラー&派手柄をチョイス

妊娠中によく着ているのが、パステルカラーや派手プリント。おしゃれが面倒になりがちなマタニティ期も、色や柄で気分をアゲて。

RULE 2:クラッチでさりげなくウエストの膨らみをカバー

愛用の小さめクラッチをお腹の膨らみの下位置に持つのが基本スタイル。大きなウエストが隠れるし、スタイリッシュに見える効果も。

RULE 3:ウエストシェイプで華奢見えを強調

ミニ丈好きなキャサリン妃だけど、ひざ丈の服のときは、お腹の膨らみの上の部分がシェイプされたデザインを選んで華奢見えに成功。

祝♡キャサリン妃第3子懐妊!マタニティスタイル&産後DIETをプレイバック

華麗なる王室的マタニティコーデのオキテを勝手に分析してみました!

英国王室ケンジントン宮殿の公式Twitterアカウントが、キャサリン妃のご懐妊を発表。報道によると、出産は来年の4月か5月とのこと。2013年にはジョージ王子、2015年にはシャーロット王女を出産したけれど、毎回マタニティ期もエレガントな着こなしだし、体型がすぐ戻っているのもさすが。その秘密を調査してみたわよ!

Catherine,Duchess of Cambridge キャサリン妃(35歳)

こちらは2013年、ジョージ王子妊娠中の画像。イエロードレスとハットが爽やかな印象。ミニ丈にヒールで、意外にも攻めた着こなし。

産後5週間で初の公式行事復帰では、スリムな体型でスキニーデニムを見事にはきこなしてイギリス国民も感嘆。根性あるぅ~!!

元ボート部キャプテンで体育会系。ケンジントン宮殿にあるジムで毎日ワークアウトし、週一でカリスマトレイナーの指導を受けているとか。食事はオーガニック野菜と果物中心に、間食はスムージーとミューズリー・バーを。

取材・文・構成/さかいもゆる 写真/AFLO

関連キーワード

関連記事