「肌の糖化」を防ぐ正しい食習慣・おすすめのレシピについてご紹介!

「肌の糖化」を防ぐ正しい食習慣・おすすめのレシピについてご紹介!

普段からケーキなどのスイーツを好んで食べている方も多いと思いますが、糖質を摂りすぎると体の中からAGEを生み出す「糖化」が起こるそうです。糖化が進んでしまうと老化が進行したり様々な病気の引き金になりやすいため注意が必要と言われています!

肌の糖化を防ぐ正しい食習慣とは?

糖化により生み出される「AGE」。このAGEが増えてしまうと肌のたんぱく質がどんどんもろくなり、たるみ・しわ・しみの原因になる可能性も!? では、糖化を防ぐにはどのような食習慣を実践すれば良いのでしょうか?

1.【糖化を防ぐ食べ物について】
糖化を防ぐには緑色の野菜をたくさん食べることが大切であると言われています。例えば、ほうれん草やブロッコリー、ピーマンといった糖質の少ない野菜を取り入れることがポイントです。また、これらの野菜に豆類、きのこ類、海藻といった食物繊維が豊富な食材を加えることで更に効率よく糖化を防ぎやすくなります。

2.【糖化を防ぐ調理法】
上記でピックアップした食材も調理法を誤ってしまうとAGEを発生する原因に繋がると言われています。AGEはたんぱく質と炭水化物に熱が加えられた時に生じるものですので、生のまま食べるのが最も理想的ですが、できれば「焼く・揚げる」を避けながら「蒸す・煮る」というじっくり時間をかけて熱を加える調理法に絞っていくと良いでしょう。

<POINT>
「糖化」という文字列があるように糖化を進行させるのは甘いものやご飯、パンなどの炭水化物のイメージが強いと思いますが、実はウインナーなどの加工食品にもAGEが多く含まれていると言われています。同時にシリアルなどの食材もAGEが高いそうです。糖化対策を実践する際は、これらの摂りすぎに十分注意するようにしましょう。

肌の糖化を防ぐおすすめのレシピ 〜心温まる!トロトロみぞれ鍋〜

糖化を防ぐおすすめのレシピ、「みぞれ鍋」の作り方です。みぞれ鍋のメイン材料である大根には、血糖値の上昇を穏やかにすると同時に代謝を高める働きがある「イソチオシアネート」という成分が豊富に含まれているのでダイエット中の女性にも最適ですよ!

【材料】
・豚バラ肉 200g
・白菜 2枚
・大根 1/2本
・水菜 1/2束
・しめじ 1パック
・鶏ガラスープ 大さじ2
・塩 少々
・水 3カップ
・ポン酢 適量

1.白菜・水菜を一口大にカットし、大根をすりおろしましょう。
2.鍋に水、鶏ガラスープ、塩、白菜、しめじ、水菜を加え柔らかくなってきたら豚肉を入れます。
3.豚肉に火が通ってきたら1の大根おろしを入れ、ひと煮立ちさせたら完成です。
4.お好みでポン酢や柚子と一緒にいただきましょう。

【POINT】
もう少し味にまろやかさが欲しい場合は、鍋に味噌を加えるのもおすすめですよ。

いかがでしたか?糖化対策を実践し、理想とする若々しいお肌をGETしちゃいましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事