素晴らしい美容効果も!?「50度洗い」で体の内側から若返り!

素晴らしい美容効果も!?「50度洗い」で体の内側から若返り!

50度のお湯につけるだけでまるで採れたてのように野菜がシャキッと美味しくなると話題の「50度洗い」。実は、50度洗いをすることで食材が美味しくなるだけでなく、女性に嬉しい素晴らしい美容効果に期待できるんです!

【若返り効果に期待できる!50度洗い】食材・人体にどんな変化があるの?

TVや雑誌などのメディアでも注目を浴びている50度洗い。実践することで食材や私たち人間の身体には一体どのような変化があるのでしょうか?一つずつチェックしていきましょう。

<食材への変化>
1.【食感がよくなる】50度洗いで野菜を洗うとしなびていた野菜もまるで採れたてのようにイキイキするそう!これは熱ショックにより表面の気功が開き、水分を吸収するため起こる現象であると言われています。
2.【日持ちする】お湯で洗ってしまうと栄養や旨味が溶け出すのでは?と疑問に感じた方も多いことでしょう。しかし、50度という温度は細胞膜が壊れないぎりぎりの温度のため、食材の栄養成分はほとんど流出しないと言われています。また、雑菌を取り除く作用があるため日持ちする効果にも期待できます。

<人体への変化>
1.【アンチエイジング】50度洗いは過酸化物質を落とす働きがあると言われています。過酸化物質を体内に入れないことで血管の流れがスムーズになると同時に活性酸素も少なく済むので、若々しい肌・身体へ改善することに繋がるそうです。
2.【美肌効果に期待できる50度蒸しタオル】50度洗いはお肌にも嬉しい効果に期待できます。当然ですが、50度のお湯でそのまま肌を洗うのはNG!おすすめなのは蒸しタオルを使った方法です。蒸しタオルをのせることで毛穴が開き、汚れもしっかり落ちやすくなります。やり方は50度のお湯にタオルを浸し、絞ったら顔にのせていきます。熱すぎるようであれば、少し冷ますようにしてください。火傷には十分注意しましょう。

【若返り効果に期待できる!50度洗い】正しいやり方について

50度洗いはその名称通り、食材をお湯につけて洗うだけという非常に簡単な方法です!野菜をはじめ、肉・魚・加工品まで様々な食材に対応できると言われています。50度洗いの基本的なやり方についてご紹介します。

1.【50度のお湯を準備する】50度に上手く調整するにはまず3分の1程お水をボウルにはり、そこに同量のお湯を加えてあげると50度くらいの温度になりやすいです。同時に温度計なども有効活用していくと良いでしょう。
2.【お湯に浸す】1のボウルに食材全体を浸し、菜箸でしゃぶしゃぶするように1〜3分程洗います。43度以下にならないよう、温度計を測りながら少しずつお湯を足していきましょう。
3.【水気をしっかり切る】食材をざるにあげ、キッチンペーパーで挟むように水気を拭き取りましょう。

<POINT>
50度洗いはお肉も洗うことができますが、ひき肉に関してはNG!ひき肉は50度洗いをするとすぐに中に熱が加わり、パラパラになってしまうので適さないとか。ひき肉の下処理を行う際は、洗うというよりもザルにあげて1〜2回お湯(50度)を足してあげると良いでしょう。

食材の旨味や栄養価がUPするだけでなく、嬉しい美容効果にも期待できる50度洗い!大変簡単な調理方法ですので是非今後参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事