【星野リゾート特集】禅と能でキレイになる「星のや京都」の旅

【星野リゾート特集】禅と能でキレイになる「星のや京都」の旅

千年前に平安貴族が遊び、そのまま時を止めたかのような光景が残る奥嵐山。その懐に佇む極上の宿「星のや京都」に、能と禅で綺麗になる秋の特別プランが登場しました。今回は、赤く色づき始めた山や庭に銀色の雨が降りつづける、静かな京都からお届けします。
“禅と能に磨かれる旅「星のや京都」"

秋の紅葉で知られる嵐山の隠れ家「星のや京都」へ

海外客も増え、めくるめくスピードで変わっていく京都の町。嵐山・渡月橋の袂にある「星のや京都」の船着場から、モダンな専用船に乗り込みます。

大堰川を遡るにつれて喧騒が遠ざかり、水と木の匂いが濃く香り立ちます。川面はいつしか翡翠色になり、赤く色づき始めた山々が迫ってきました。
14:30 モダンな専用船に揺られて特別な宿へ
「現代を休む日」をコンセプトに、2009年に誕生した「星のや京都」。もとは京の豪商・角倉了以の別邸で、その後は旅館として愛された日本建築をリノベーションした“水辺の私邸”です。

関西に二十年暮らし、何十、いえ何百回も足を運んだはずなのに、こんな京都は知らない…と何度も思った、ここにしかない特別な京都旅をお届けします。

星野リゾート「星のや京都」1日目がスタート

船から降りて木々のトンネルを進むと、清らかな滝の音とともに、ポワンポワン、リーン…とオリエンタルな音色。けむる雨の中に灯の光がにじむ、しっとりと落ち着いた「水の庭」に出ました。
「水辺の私邸」エレガントな非日常の始まり
頭上からは星型のレースのようなモミジの葉から雨のしずくが落ちてきて、ふっくらした青い苔に吸い込まれていきます。

さすがは水辺の隠れ家、雨まで演出に感じられるほどの美しさ。あいにくの天候にがっかりしていた気持ちが吹き飛びました。

星野リゾート「星のや京都」優美な京菓子のおもてなし

おいしいウェルカムスイーツが待っていると聞いて、モミジの樹々がアーチを作る小路を通って「Salon&Bar蔵」へ。

スパークリングワインとともに登場したのは、ツルツルとした宝石のような餡の玉。老舗和菓子店・亀屋良長の名物「烏羽玉(うばたま)」です。黒糖は有名ですが、さつまいも&キャラメルなどのフレーバーはオリジナルとか。
15:20 四季を感じるスイーツタイム「水辺の茶の子」
テーブルには、珍しい木製のオセロ盤も! 思わず腕をまくって遊びかけましたが、今回の旅のプランは、「能」と「禅」を体験して女を磨きあげる2泊3日の「キレイのいろは」。これから禅の体験に向かいましょう。

星野リゾート「星のや京都」禅寺で知る奥深い「禅」

京都で人気の禅寺へやってきました。通された和室は懐かしいイグサの香りがして、秋草の美しい庭を見渡せます。ピンと張りつめる静寂には緊張しますが、慣れるととっても心地よいもの。
17:00 庭を愛でながら「禅」の世界に触れる
ここでは座禅を体験したり、法話を聞いたりすることができます。なかでも禅語は奥深く、他人と自分を生かす言葉もたくさん残されているのだそう。たとえば…

■知足(ちそく)

自分に足りないものに意識を向けがちですが、ハードルを上げすぎず、身近なものに幸せが宿るとを知ることこそ幸せに生きる近道。

■金屑雖貴 落眼成翳(金屑は貴としと言えども、眼に落ちて影となる)

貴重なものも捉え方を誤ると害になる。顔や体の一面的な美に囚われず、バランスのとれた美しさを目指していきましょう。

さあ、講話の後には“おいしい禅”の楽しみも。禅寺御用達の料理店へ向かいます。
18:00 感謝しながら食べることを思い出す精進料理
肉魚を避けつつ、旬のものでつくられる精進料理はヘルシーでとてもシンプル。舌はもちろん、目でも美味しさを感じられる彩ある料理の数々に愛を感じて、心から手をあわせました。

星野リゾート「星のや京都」時を忘れる湯浴みの時間

お部屋に戻ると、ベッドの上にお風呂用のリンゴが二つ。なんとリンゴ風呂のサプライズでした! 浴室の扉を開けると、天然ヒバの浴槽がいい香り。

金色の光を浴びながら、なみなみと張ったお湯にリンゴを浮かべると、森林浴するような香りに甘い匂いも加わって、骨の芯からとろけます。
21:00 金色の光の中で時を忘れるバスタイム
ちなみに、厳選された生薬をブレンドした特製入浴剤「薬湯 時忘湯(ときわすれのゆ)」や日本の野草から作られた「北麓草水」というアメニティもありました。

使いながら何度も深呼吸して、肌も気持ちもスッキリ。美容界で話題のドライヤーも試すことができました。

星野リゾート「星のや京都」ゴージャスな客室案内

さて、最後に「星のや京都」の客室をご紹介しましょう。1階は一度入ったらあまりの心地よさに出られなくなる魔性の和室です。
京都の魅力が詰まった「月橋メゾネット」
和室の中央に置かれているのは、世界初の“畳ソファ”。正座した時にもっとも美しく見えるよう設計された和室だからこそ、正座の目線で座れるように工夫されています。

実際に座ってみると、絵のような紅葉の枝ぶりが見える窓、その光と影、欄間、障子のバランスなど、歴史に裏打ちされた迫力ある日本の美意識が迫ってきます。
2階はモダンな洋室と陰影が美しい寝室
2階には、寝転べる大きなソファが置かれた広々とした明るい洋室。エメラルドグリーンの大堰川と色づき始めた小倉山を一望できます。

寝室はさらに豪華で、光のあるところは華やかに、影はしっとりと落ち着いた伝統の京唐紙(きょうからかみ)が壁一面に使われています。顔料の雲母が上品に輝き、模様はキュート。さりげないのにキラキラして、遊び心も忘れないのがまさしく京風。

この古都が大人を惹きつけ続ける理由がわかる、京都の魅力が詰まったメゾネットです。
■次回予告
1日目の「禅」体験に続き、2日目はモダンな着物を着て「能」のプライベート・レッスンへ。本物に触れながら美しくなる「キレイのいろは」の旅、まだまだ続きます。
【「キレイのいろは」1日目のスケジュール例】
15:00 到着&チェックイン
15:30 ウェルカムスイーツ
17:00 禅寺での禅の講話
18:00 精進料理
21:00 入浴・就寝
「星のや京都」情報
星のや京都
星野リゾートが運営する日本発のラグジュアリーホテル「星のや」ブランドの一つ。2009年嵐山にオープンし、2016年春にはラウンジや庭園、ダイニングスペースをリニューアル。圧倒的な非日常、その土地ならではの文化をとりいれた世界観、極上のおもてなしが国内外から高い評価を受ける。

■星のや京都 公式サイト
http://hoshinoyakyoto.jp/
星のや総合予約 (9~20時)
TEL:0570-073-066

■「キレイのいろは」プラン情報(2017年11月14日まで)
禅寺での講話、精進料理、能舞台でのプライベートレッスン、着物レンタル、着付け、水辺の深呼吸

【星野リゾート特集】「星のや京都」の記事

関連記事