身体の厚みを減らす簡単エクササイズ!リブニットが似合うすっきりボディに♪

身体の厚みを減らす簡単エクササイズ!リブニットが似合うすっきりボディに♪

リブニットは秋冬大活躍のアイテムですが、ボディラインが出やすいので緩んだ身体で着るのは御法度! そこで今回は姿勢を改善してボディラインを整えたり、お腹まわり、腰まわり、二の腕を引き締めることで、身体の厚みを減らして、リブニットの似合う身体を作るエクササイズを2つご紹介します。

姿勢を整えて、美しいボディラインを作る体幹エクササイズ

リブニットが似合う身体を作るには、まず姿勢を正しく、美しく整えることが簡単、かつ効果的な方法です。猫背は老けて見えたり、太った印象を与えるので、腰骨→肩→耳たぶまでのラインが一直線になるように姿勢を正します。この時必要となるのが体幹(腕・脚を除いた胴体部分)の筋肉です。体幹を鍛えるエクササイズはこちら!

1. 脚を肩幅よりも広めに開いて立ち、お腹を腰に引き寄せるドローインをしながら、姿勢を整えます。

ドローインは英語の「draw in (吸い込む、引っ込める)」が由来となった、お腹と背中をくっつけるイメージで、お腹をへこませる動きのこと。お腹まわりの筋肉が刺激され、インナーマッスルを鍛えることができます。

2. ひざを深く曲げ、腰を下ろし両手はひざ裏が伸びる位置(足首あたり)に添えます。曲げたひざはつま先よりも前に出ないように、かかとに体重を乗せるようにすると◎。

3. ゆっくり息を吐きながらひざを伸ばし、お腹を腰に引き寄せます。目線は斜め前に。背骨が丸まったり反ったりしないように注意して、2〜3の動作をゆっくり10回繰り返しましょう。ここまでが1セット。慣れてきたら2セットにチャレンジ!

身体の厚みが減って、ボディラインを引き立たせるエクササイズ

さらに女性的なボディラインを作るために引き締めたいのは、お腹まわり、腰まわり、二の腕です。これらを鍛えれば横から見たときの身体の厚みが減る一方で、バストは際立ち、立体的なボディラインに近づきます。立体ボディを作るエクササイズはこちら!

1. 両ひざを曲げて床に座り、両手はお尻から15〜20cmほど後ろの床につけます。そのまま指先をお尻側に向け、ひじは曲げずに床を押して二の腕の振袖部分の筋肉を刺激します。そのまま左右のひざ同士、左右のつま先同士を合わせた状態で太もも内側の筋肉を使い、後ろに傾かないように骨盤を立たせます。

2. 息を吐きながら両ひざを右側の床に倒します。両ひざで床を押すイメージで行うと、腰まわりの筋肉が刺激されます。

3. 息を吸いながら1の状態に戻し、今度は息を吐きながら両膝を左側の床に倒します。ゆっくり呼吸に合わせながら、2〜3を8回繰り返しましょう。

リブニットを美しく着こなすには、ボディラインを整えることがマストに! 今日から2つのエクササイズを試して、シルエットで魅せるボディを目指しましょう♪

photo:shutterstock(1枚目)
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事