【特集】日本人の黄み肌を輝かせる色を!進化するナチュラルメイク

【特集】日本人の黄み肌を輝かせる色を!進化するナチュラルメイク

長年にわたりメイクアップアーティストとして第一線で活躍するMICHIRUさんに、プロデュースを手がける【MiMC】の開発秘話、そしておすすめのアイテムについて教えていただきます。
オーガニックライフスタイルvol22
【MICHIRUさんとは】
メイクアップアーティストとして活躍する傍ら、ウェルネス・ビューティーの体現者として、知恵やメソッドをわかりやすくナビゲート。2012年より国産のミネラルメイクアップブランド【MiMC】のプロデュースも手がける。

プロ仕様のナチュラルメイクアップ製品を

ーー前編では、MICHIRUのオーガニックコスメの出会いから独自のオイル美容メソッドについて伺いました。後編では、MICHIRUさんがプロデュースするミネラルメイクアップブランド【MiMC】の開発秘話やおすすめのアイテムを教えてください。

「2011年から【MiMC】のクリエイティブディレクターを務めています。きっかけは、ナチュラルメイクアップ製品のみを使ってメイクをするという雑誌企画です。

確かに肌への負担は少ないのかもしれませんが、質感の表現ができない、粒子も粗くて時間が経つと茶色にくすんでしまう…。

まだ日本人のために開発された国産ブランドが少なかったことも大きいと思いますが、正直撮影に耐えうるレベルではなく、とても苦戦したんです。

月日が経ち【MiMC】からオファーをいただいた時に思ったことが、『撮影で使いたいと思えるレベルのものを作る』ということでした」(MICHIRUさん)

ーー現在の【MiMC】は、色や質感の表現が洗練されていて、毎シーズン、トレンドも発信されています。周りの女性をみても「欲しい色や質感があるから買う」という方が多く、【ミネラルメイクアップ=肌が弱い人のためのもの】というイメージが大きく変わったのではないでしょうか。

「今では撮影、プライベートでも愛用していますが、ナチュラル素材でこのレベルまで持っていくのは本当に大変な道のりでした。最初に挙がってきたサンプルから理想の色や質感に近づけるまで、毎回ドラマがあります(笑)。最終的には、工場まで出向き、直接現場の方に細かい修正をお願いすることもあります。

ほんの少しケミカルな素材を加えることで表現ができる色や質感もあり、多くのナチュラルメイクアップブランドはそうしているのですが、【MiMC】は絶対にそれをしない。開発者である社長のポリシーです。そのこだわりに刺激を受けつつ、精進の日々ですね」(MICHIRUさん)

肌をストレスから解放するナチュラルファンデーションが誕生

ーー苦労の末に誕生したアイテムは我が子のように可愛いと思いますが、中でもお気に入りのアイテムは?
「毎日使うほど気に入っているのが【ミネラルリキッドリーファンデーション】です。【MiMC】初のリキッドファンデーションなのですが、開発に5年以上かかりました。

雪解け時期のわずかな期間にできる白樺樹液を配合したことで、時間が経つほどにより透明感がアップしていくんです。

もちろん機能性にもこだわっていています。フレッシュな状態で使い切れるように、1プッシュで半顔分の量が出てくるエアレスコンパクトを採用。とてもユニークな製品なんですよ」(MICHIRUさん)

ーー夕方、鏡に映る自分の顔を見てがっかりすることが多いのですが(笑)、透明感が増すのなら気持ちも上がりそう。ベースやパウダーは必要ないのでしょうか?
「ツヤ感が、程よくキレイに出るのでパウダーでおさえたりはしません。私は、顔に直接数カ所指でのせ、スポンジで馴染ませています」(MICHIRUさん)
「ベースがなくても高い密着感ですが、スキンケアの時に肌をしっとり仕上げている場合、毛穴が気になる日は【アリマピュア】の【スムージングプライマー】を下地に使っています。

皮脂浮きを防ぎながらキメを整え、もっちりとした質感に。【MiMC】に限らず、他のブランドのファンデーションとも相性がいい、一本持っていると便利なアイテムです」(MICHIRUさん)

ナチュラル原料の壁を超えていくモノづくり

ーーおすすめのカラーアイテムについても教えてください。
「目元に繊細なツヤ感を与える【ミネラルリキッドリーシャドー】は、『目元にわかりやすい色をのせたくない』という今の私の気分にぴったり。今日使っているのは、02番の【デイオブライト】です」(MICHIRUさん)
「ボルドーの【ミネラルアイライナー】を引いて柔らかく引き締めると、眼差しに絶妙なニュアンスが生まれます」(MICHIRUさん)

ーー肌に溶け込むようなトーンでありながら、存在感がある輝き。粒子が細かく、品もあり年齢問わずに使いやすそうですね。今年の秋冬のトレンドは、リップが主役になっていますが、カラーリップ初心者にもおすすめなものはありますか?
「【ミネラルルージュ】の【ルビーレッド】と【ディープガーネット】がおすすめですね。濃い目のカラーを塗る時は、指先でポンポンと馴染ませれば、どこかフレッシュなニュアンスが生まれ、失敗もありません。

日本人の黄味がかった肌をキレイに見せてくれる色にこだわっているので、今まで濃いリップは『老けた印象になる』『肌色がくすむ』と敬遠していた方にもぜひ試して欲しいです。

年齢を重ねるほどに肌から赤みが消えていくものなので、口元に色をプラスするだけで、ぐっと若々しい印象になるんですよ」(MICHIRUさん)

ーー一日本人の肌色や嗜好にあったトレンドをおさえながら、スキンケア効果までも考えられているメイクアップ製品なんて夢のよう!【MiMC】は、女性のメイクに関するさまざまなストレスを取り払ってくれた、革新的なブランドだと思います。

「仕事柄、優れた製品に数多く触れているので、『既にあるものを作っても仕方がない』と思っています。

使える素材が少ないからこそアイデアが生まれ、結果的に【MiMC】のユニークネスにつながっているのかもしれません。

私自身がずっと使い続けたいと思う、エターナルなアイテムを中心にご紹介しましたが、ひとつのアイテムで今の気分を表現できたり、なりたい女性像に近づけるのもメイクの面白いところ。

今後【MiMC】では、そういうメイク心を刺激する、美容上級者向けのアイテムも強化していきたいと思っています。

メイクは女性を自由に解放し、その人らしい個性が光るパーソナルな美しさへと導いてくれるもの。

それは、オーガニックアイテムも同じです。メイクに潜む【楽しさ】を大切にしながら、肌も喜ぶアイテムにたくさん触れてほしいですね」(MICHIRUさん)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
【MICHIRUさんプロフィール】
メイクアップアーティスト、ビューティディレクター。1990年よりフリーランスとして活動を始める。渡仏、渡米を経て帰国後、国内外のファッション誌や広告、CF、Fashion show、 Beauty Direction、 女優やアーティストのメイクなど数多く手がける。体の内側から美しくなれるインナービューティを提唱するなど、幅広いフィールドで活躍。

写真/よねくらりょう

関連記事