身も心も元気になれる!? セロトニン呼吸法の効果・やり方について

身も心も元気になれる!? セロトニン呼吸法の効果・やり方について

PMSや更年期障害といった女性の不調を改善すべく、食事・睡眠などの生活習慣の改善に努めている方も多いと思いますが、毎日忙しい日々を送っているとついつい怠ってしまうものですよね。そこでおすすめなのが誰でも気軽に挑戦できるセロトニン呼吸法です。

セロトニン呼吸法に期待できる効果は?

セロトニン呼吸法には一体どのような効果に期待できるのでしょうか?具体的にチェックしていきたいと思います!

【セロトニン呼吸法に期待できる効果】
・ストレス解消
・美肌
・ダイエット効果
・記憶力UP
・不眠症の改善
・便秘・胃炎の解消

呼吸法により幸せホルモンの一種である「セロトニン」が増えると上記のような効果があり、普段から有効活用することで日常生活において何かしらのストレスを受けても上手に対応するための大きな助けになると言われています。

<POINT>呼吸法と合わせて「イメージング」などの方法もおすすめです。例えば、憧れの芸能人やかわいい動物のことをリラックスしながらじっくりとイメージングしましょう。セロトニンはときめきを感じることで自然と増えやすくなります。

セロトニン呼吸法の正しいやり方について

セロトニン呼吸法の正しいやり方についてご紹介します。実践するタイミングとしては、夜寝る前がおすすめです。就寝前にセロトニン呼吸法により脳に酸素をたっぷり送り込むことで質の良い睡眠を促す作用があると言われています。

【セロトニン呼吸法の正しいやり方について】
1.足を肩幅に広げて立ち、両目を閉じます。肩には力を入れず、腕はリラックスした状態にしましょう。
2.体にある空気を口から全て外へ吐き出します。
3.足裏にある「湧泉」と言うツボから地球全体の酸素を取り込むイメージで口からゆっくりと(※約20秒間かけること)息を吸い込みましょう。
4.口を閉じ、舌を上の前歯の付け根につけましょう。
5.息を止めながら頭のてっぺんまできた酸素が徐々に丹田まで下がるイメージを描きます。
6.10秒間時間をかけながら口から息を吐き出します。

<POINT>セロトニン呼吸法は、リズムよく行うことが最大のコツ・ポイントと言われています。難しい場合はウォーキングしながら実践するとリズム感が掴みやすいほか、セロトニン活性化に繋がるためよりストレスに強い心・体を作りやすいです。

いかがでしたか?思い立ったらその場で気軽に実践できる呼吸法ですのでご興味がある女性は是非参考にしてみて下さいね!

関連記事