冬こそ美白ケアを!雪のような美白肌に近づくためのスキンケア

冬こそ美白ケアを!雪のような美白肌に近づくためのスキンケア

美白ケアは紫外線をたっぷり浴びた夏に力を入れるという方が多いはず。ですが、紫外線の量が少なくなる冬こそ絶好の美白ケア期間なのです。雪のような白い肌に近づくために冬の美白ケアのポイントを押さえておきましょう。

美白ケアに力を入れるのは夏より冬がベスト!?

6〜8月にかけて紫外線量が一気に増えていくため、夏に美白ケアを念入りにしているという方がほとんどなのではないでしょうか。もちろん紫外線を浴びた夏に美白ケアをすることは効果的ですが、冬のスキンケアにも美白ケアを取り入れていますか?冬至に近づいてくると、季節の中でも一番紫外線の量が少ない期間に入ります。紫外線を浴びる頻度が少なくなる冬至の2〜3ヶ月前後が美白ケアのベストタイミングだと言われているのです。

冬の美白ケアは保湿を重視することがポイント

夏の美白ケアは、紫外線をたっぷり浴びてからのアフターケアで肌をいたわることが精一杯ですが、冬は紫外線が弱いため徹底的に集中して美白ケアをすることができます。

冬の美白ケアで絶対欠かせないのが保湿。 どんなに高い美白化粧品を使っても肌が保湿されずにカラカラの状態では効果を発揮することができません。冬は外も中も乾燥しやすい気候で肌の水分もどんどん奪われがち。高保湿タイプの化粧水を手のひらで温めて優しく肌になじませていくことを3〜4回繰り返しましょう。肌の土台となる保湿がしっかりできたところで、美白美容液を使って美白ケアに取り掛かります。

仕上げに保湿力が高い乳液やクリームで美白成分に蓋をします。冬の美白ケアは、化粧水、美容液、乳液、クリームを全て美白化粧品で揃える必要はなく、美白美容液をうまく活用することでもちもちの肌と透明感を手に入れることができますよ。

また、季節を問わず冬でも紫外線が降り注いでいるので、日焼け止めクリームや紫外線カット力があるファンデーションなどを使って紫外線対策を忘れずに。保湿力が高い日焼け止めクリームを使うと日中の乾燥によるダメージを軽減できておすすめです。

土台は保湿!冬の美白ケアで透明肌を手に入れよう

冬の美白ケアは丁寧なケアと保湿が重要です。朝晩しっかり保湿ケアをしてから美白美容液を取り入れてみてくださいね。自分に合ったアイテムを見つけて、冬こそ美白ケアに力を入れてみてはいかがでしょうか。

(※本記事は2017年11月27日に公開したものを再編集しています。)

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事