乾燥しがちな冬の肌は、クレンジングする順番に気をつけて!

乾燥しがちな冬の肌は、クレンジングする順番に気をつけて!

冬の肌はカサカサ乾燥してごわつきやすい。冬は保湿ケアに力を入れがちですが、肌の土台となるクレンジングがしっかりできていないと毛穴詰まりの原因になってしまいます。でもクレンジングをすると乾燥が気になる…という方は××から落としていきましょう!

乾燥した冬の肌こそ正しいクレンジングを!

冬は一年の中で最も気温が低くなるため代謝が悪くなりやすく、肌の表面が硬くなりごわつきがち。古い角質が蓄積しやすく、化粧水や美容液がなかなか浸透せずに乾燥が悪化してしまう場合もあります。
保湿ケアももちろん大切ですが、それより先にメイクや皮脂を優しく落として、柔らかい角質層をキープすることが美肌への第一歩なのです。

冬の肌はTゾーンからクレンジングを始めよう

乾燥した肌にクレンジングを使うと余計に肌がカサカサしてしまいそう…といって、しっかりクレンジングができていないと肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。そこでおすすめなのが、Tゾーンからクレンジングをしていく方法です。

Tゾーンは顔の中でも特に皮脂分泌が多く、毛穴が詰まりやすい部分であり、乾燥しにくい部分なので最初に洗っていくといいでしょう。小さな円を優しく描くように汚れを浮かせていき、乾きやすい口元や目元は最後にサッと落としていきます。クレンジングをする順番を変えるだけで肌への負担が少なくなるはずですよ。濃いアイメイクやリップメイクをしている場合には、あらかじめポイントムーバーで落としておくと、クレンジング剤を肌につけている時間を短縮することができます。

また冬の乾燥肌には、油分や保湿成分が多く含まれたミルククレンジングやクリームクレンジングがおすすめです。時間がある日は、ホットタオルやスチーマーで毛穴を開かせたあとにクレンジングをすることで、毛穴汚れを優しく取り除けてクリーンな肌をキープできるでしょう。メイクを完全に落とそうとして、つい顔全体をゴシゴシ擦ってしまいがちですが、冬の肌は特に乾燥しやすくデリケートなので、力を加えずに優しくメイクを落としていきましょう。

クレンジング後は美容オイルで保湿ケア

クレンジングをしたあとは、すぐに導入美容液や美容オイルをブースターとして使いましょう。特に美容オイルは、肌を柔らかくほぐしながら必要な油分を与えて乾燥予防になるのでおすすめです。マッサージをしながらオイルを馴染ませると血流が良くなり、寒くてごわつきやすい肌がもちもちしっとりしていくのでスキンケアのついでにマッサージも行ってみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事