【タレ目メイクの盲点】顔がたるんで見える…を回避テクでキュッと引き上げ♪

【タレ目メイクの盲点】顔がたるんで見える…を回避テクでキュッと引き上げ♪

優しげな雰囲を演出したい時や、可愛らしい顔に見せたい時などに役立つ「タレ目メイク」。でも、アラサー女性が行う場合は、「タレ目メイク」が「たるみ顔メイク」になってしまうなんてことも...! そこで今回は、タレ目メイクの時に取り入れたい、たるみ顔を回避するメイクテクを紹介します。

恐怖! タレ目にすると、顔全体もだるんで見えるという事実!!

タレ目メイクは、アイラインをあえて下げて引くのが特徴。しかしアイラインを下げることで、普段はたるみなんかまだまだ気にならなくても(写真左)、目尻が下がることで、連動して頬や口元のラインも下がって見えてしまうんです(写真右)。そんな下がって見えてしまう顔をキュッと引き上げるには、チーク&口角のリフトアップテクが効果的ですよ♪ 

チーク&口角のリフトアップテクでたるみ顔を回避!

チーク

頬のラインは特にたるんで見えやすいので、チークでカバーしましょう! にっこり笑って頬骨が一番高くなる位置にチークを入れるのが一般的ですが、タレ目メイクにした場合はいつもより少しだけ上にチークを入れましょう。チークの位置を少し上めに入れることで、頬が下がって見えるのを防ぐことができますよ♪

口角

口角にくすみや影があると下がって見えやすいので、口角が上がっているように見せるために、口角周りのくすみや影をコンシーラーで消してからリップメイクを!

チークと口角コンシーラーのおかげで、同じタレ目メイクでもたるみ顔の印象が払拭されました! さらに小顔効果も♪ タレ目メイクを楽しむ際は、この2点に気をつけてメイクしてみてくださいね♪

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事