飲むしかない!たるみ肌や老化の原因になる糖化には緑茶が効果的?

飲むしかない!たるみ肌や老化の原因になる糖化には緑茶が効果的?

「糖化」という言葉をご存知でしょうか?この糖化という現象が起こることで、たるみ肌や老化の原因になってしまうんです。そこでご紹介したいのが「緑茶」の持つパワー。糖化を防ぐために有効とされていますが、どのような効果があるのでしょうか。

美容の大敵「糖化」!緑茶がどうして効果的なの?

美容と健康に様々なダメージを与える「糖化」。老化の三大原因は、「加齢」「酸化」「糖化」と言われていますが、そのうちの一つです。

「糖化」は、食事やお菓子などに含まれる「糖質」が、体内のたんぱく質と結びつく現象のことで、糖化したたんぱく質は、「AGEs(終末糖化産物)」という物質に変わります。このAGEsは、体内にどんどん蓄積されてしまう「老廃物」で、非常に高い毒性を持つ為、身体に様々な悪影響を及ぼします。

酸化が「サビ」と例えられるのに対し、糖化は「コゲ」と例えられますが、糖化したたんぱく質は「褐色」になる為、肌が黄ばんでくすむ原因に。その他にも、たるみやシミ・シワ・乾燥などの原因となり、糖化は「肌の老化」を早めると言われています。

美容の大敵である「糖化」ですが、救世主となってくれるのが「緑茶」なんです!緑茶に豊富に含まれる「カテキン」には、血糖値の上昇を緩やかにし、糖の吸収を抑える働きがある為、糖化やAGEsの蓄積を予防する効果が期待出来ます。

また、強い「抗酸化作用」もあるので、ダブルで老化予防が可能です。カテキン以外に、「ビタミンC」も豊富で、美肌効果も期待出来るのが嬉しいですね。

糖化を防ぐ!「緑茶」の効果的な飲み方のポイント

◎1日に何回か分けて飲む
糖化を予防するには、急な血糖値の上昇を抑えることが重要です。こまめに緑茶を飲み、緑茶の抗糖化成分が血中にある状態にするよう心掛けましょう。

◎1日の摂取量は?
濃い目に入れた緑茶であれば、1日に2杯(約200ml)でOK。カフェインが含まれているので、5杯くらいに抑えましょう。

◎カテキンをしっかり抽出するお茶の淹れ方
いつもよりも茶葉の量を増やし、高温のお湯でじっくり抽出すると、よりカテキンをしっかり抽出出来るとされています。

◎その都度淹れて飲む
カテキンは時間が経つと、茶色く変化し、違う物質になってしまいます。なるべく、その都度淹れて、色が変わる前に飲むようにしましょう。

甘いものはなかなか我慢出来ませんが、肌が老化したり、たるんだりするのは嫌ですよね!緑茶を飲むだけであれば、日常生活の中にも取り入れやすいので、食事と一緒に飲んだりして、毎日の習慣として取り入れてみましょう。

関連記事